自分で簡単に出来る口臭チェックの方法

自分で口臭チェックのメイン画像

「なんか口臭が気になる…」という時って、人の口臭が気になったり、または自分の口の中が気持ち悪くなっていたりとか、何かときっかけがあったりしますよね。そんな時にふと思うのが、

「そもそも私ってどんな口臭がしているの?」

ということだと思います。口臭に関して今でもトラウマのように気にはしている私ですが(笑)仮に口臭がしているとして、自分の口臭が実際どれくらい他人に臭っているのか?という判断が難しいですよね。

自分では口臭がしていないつもりだったとしても、思っていた以上に自分の口臭が酷かったりしたら…なんてことも考えてしまいますよね。

口臭ってなかなか人に指摘できる事でもないし、人から指摘されるという事もそうそう無いですよね。それが余計に厄介で、面と向かって言われる事はないけど、陰口で「あの人口臭がさぁ…」なんていうのはよくある話ですよね(笑)

口臭のことが気になりだすと、「自分の口臭は相手にどんな風に臭っているの?」というのが気になるのは必然だと思うのですが、友達、彼氏はもちろんのこと、家族にだって「ねぇ、私って口臭ヒってどんなニオイ?」なんて、なかなか聞けないのは当然(笑)

自分の口臭が相手にどんな感じで臭っているのか確かめたい!と思った時、どうやって知ることができるんでしょうか?

できれば自分1人で、自分自身の口臭をチェックしたい!ひっそりと!!

あと、口臭にレベルがあるなら、自分の口臭がどれくらいのニオイレベルなのかも気になるところですよね。

そこで今回は、自分で行う口臭チェックの方法について紹介してみようと思います。実は自分の口臭を知る方法っていろいろあるのです。

手軽なものから、ちょっとお金がかかるけどしっかりと調べる方法まで様々あるので、自分にあったやり方で口臭チェックをしてみませんか?

自分で口臭チェックってできるの?

まず最初に、そもそも自分の口臭をチェックできるの?ということについて触れてみると。口臭って読んで字のごとく、口から臭っているわけだから、口のすぐ上にある鼻ですぐに気づくはず…と思いますよね、それがそう簡単にはいかないんです。

自分のニオイって、知らないうちに慣れてしまっていることが多いので、たとえ口臭がしていても自分ではなかなか気づかない場合がほとんどなのです。

息を吐いて、クンクンと鼻を使ってニオイを探したところで、自分が吐く息のニオイを感じるのはなかなか出来ないのです。他人の口臭に気づくのは簡単ですが、自分の口臭にはなかなか気づきにくいのが現状。

ですが、自分で知る方法が全くないというわけでもないんです。方法次第で自分の口臭を知る事が出来るのです。後ほど詳しく紹介しますが、先に自分の口臭を知る方法をざっくりと紹介すると…

・コップやビニール袋を使って吐く息をチェック

・歯間ブラシやフロスで歯垢のニオイをチェック

・舌苔のニオイでチェック

・唾液の状態でチェック

・口臭チェッカーを使ってチェック

代表的なものを書き出してみましたが、こういったことで自分の口臭を客観的にチェックすることが出来るのです。上の4つは家にあるもので簡単に実践可能な方法なんですが、本格的に口臭をチェックしてくれる5つ目の口臭チェッカーを使うとなると少しお金がかかってしまいます。

具体的に口臭を数値として見たい場合などは、口臭チェッカーを購入してチェックするというのが一番客観的に口臭をチェック出来るのでおススメなのですが「チェックするだけなのにお金を払うって…」という気持ちも分からなくはないです。私もそうだったので(笑)

口臭チェッカーはちょっとハードルが高いとは言え、自宅にあるもので簡単に口臭チェックが出来る方法もあるので、もし口臭が気になっているのであれば、口臭対策をする前に自分の口臭を知っておくというのも大切な事です。

でないと口臭対策をしても「本当に口臭がしなくなっているの?」って不安になってしまいますよね。 具体的に口臭チェックをするにはどうすればいいのか?詳しく紹介してみます。

自宅で簡単に出来る口臭チェックの方法

先ほど口臭チェックの方法をざっくりと紹介しましたが、ここからは具体的にどうやって口臭をチェックするの?ということで、自宅で行うことができるそれぞれの方法を詳しく紹介してみます。

コップやビニール袋を使って吐く息をチェック

まずは自宅で出来る口臭チェックの中でも一番簡単なコップやビニール袋を使って口臭をチェックする方法です。

その方法はというと…言われるまでもないかもしれませんが(笑)コップやビニール袋を使って、自分の吐く息を閉じ込めてからにおいを嗅いでみるただそれだけです。

コップが日常的に使う物なので一番便利です。どの家にも必ずあるし、いつでも気軽に試してみることできますよね。

やり方はとても簡単で、まずコップに息を吐いて、吐いた空気が逃げないように少し手で閉じ込めます。そこで一度新鮮な空気を吸って吐いてから、鼻を近づけて手を放し、コップに閉じ込めた息を嗅いでみるのです。

ビニール袋を使う場合も同様の手順で行います。もちろんですが、使用するコップやビニール袋は、元々ニオイがついていないかよく確かめてから使用します。

ポイントとしては、コップに息を吐いて密封した後、一呼吸置いてからニオイを嗅ぐという所です。

コップに息を吐いてそのまま一呼吸置かずにニオイを嗅いだ場合、口臭のニオイが分からない場合があるのですが、一呼吸おくことで客観的にニオイを嗅ぐことが出来るのです。

私はこの方法、口臭が気になってからは会社でも時々やってます。もちろん周りの人が見てない隙にですが(笑)会社に来てすぐや外回りや会議の前など、持参のマグカップや紙コップで口臭チェック。人と話す前などはこのチェックをして、ニオイがしていなかったら精神的にも安心できます。

息を吐いて一呼吸置いて嗅いだ時に「なんかにおうかも…」と思った時は、タブレットなどを念のために口にしたりしています。

原始的な方法なので(笑)口臭を完全にチェック出来ているというほどの精度ではないのですが、実際この方法はテレビで歯学博士の先生も紹介していたので、ある程度の口臭はチェックできるはずです。

ランチで少しにおいの強い物を食べた後にチェックをすると、一呼吸置いた後に嗅いだ時に明らかにニオイがするので、気軽にチェックしたいときにはおススメな方法です。

歯間ブラシやフロスで歯垢のニオイをチェック

次に紹介するのが、歯間ブラシやデンタルフロスを使った口臭をチェックする方法です。歯間ブラシやフロスを買う必要があるのですが、どちらも数百円程度で購入することが出来ます。

歯間ブラシやフロスは歯の間をキレイにする物であって、口臭をチェックする物ではないのですが、意外とこの歯間ブラシやフロスを使った時に自分の口臭に気付くという人は多いのです。

というのも口臭の原因と聞くと虫歯や歯周病を考える人が多いと思いますが、歯の間に長い時間詰まったままの食べ物が口臭の原因になっている場合もあるのです。

私の場合は歯間ブラシをほぼ毎日の様に使っているのですが、汚い話ですが…使った後に歯間ブラシのニオイを嗅いでしまうことが(笑)

これが毎日歯間ブラシをしていたとしても、ニオイがするときがあるのです。例えば朝に歯間ブラシをしてニオイを嗅いでみても何もニオイがしなかったのに、その日の夜に歯間ブラシをしてニオイを嗅いでみると「なんかニオイが…」なんてことが結構あるのです。

そうなんです、朝やお昼に食べた物がはの間に詰まって、夜になるまでの時間だけでも詰まった食べ物からニオイがするのです。

歯ブラシだけでは歯の汚れを落としきれない。

なんてことをよく聞きますが、コレは本当で私の場合人一倍しっかりと歯磨きをしているという自信があるのですが、それでも歯間ブラシやフロスを使うと歯と歯の間に詰まった食べカスなどが出てくるのです。

歯間ブラシやフロスを使った後にニオイを嗅いでみて嫌なニオイがする場合は、そのニオイが口臭として出てしまっているのです。今まで歯間ブラシやフロスを使ったことが無いという人で、口臭が気になっているという人は、この方法を試してみることを強くおススメします。

舌苔のニオイでチェック

先ほどの歯間ブラシやフロスで口臭をチェックする方法と似ているのですが、舌苔でも同じように口臭をチェックすることが出来るのです。

舌苔が舌に付きすぎていると口臭の原因になると言われていますが、逆に舌ブラシなどで取り除き過ぎてしまっても、口内の環境を悪くしてしまうとも言われているのです。

舌ブラシを使わなくても、いつも使っている歯ブラシやティッシュペーパーなどで舌苔を取ってみても構わないので、取った舌苔のニオイをチェックしてみてください。

舌苔からニオイがしていると、息は舌の上を通って出てくるので舌苔のニオイが口臭となって出てきている可能性が高いのです。

歯の間を歯間ブラシでキレイにするのと同じ様に、今まで舌苔を掃除したことが無いという人で口臭が気になっている場合は、舌のブラッシングも舌苔を取り過ぎない程度に習慣づける様にしましょう。

舌苔を取ることが口臭予防に繋がるという事もあるのですが、それ以外にもふと口が空いた時に舌苔が目立っていると不潔な印象を与えてしまいますよね?そういった見た目の部分でも舌の掃除は習慣づけるのがオススメです。

唾液の状態でチェック

最後に唾液の状態でチェックする方法です。唾液と口臭には密接な関係があるのですが…

・唾液が正常に分泌されている状態

唾液が正常に分泌されている場合は、口の中も潤っていて口臭も抑えられている状態です。

・唾液の分泌が少ない状態

唾液の分泌が少ないと口の中は乾燥しがちになっており雑菌が増えやすい状況に。口臭が発生する可能性が高くなります。

このような感じで唾液の量でも口臭の状態をチェックすることが出来るのです。唾液の分泌量が少なく、口内が乾いている場合は口臭がしている可能性が高いです。

その他にも、唾液がこんな状態の場合は口臭がしていると考えてほぼ間違い無いです。

・唾液がネバネバしている。

・唾液が酸っぱい味がする。

唾液がネバついていたり酸っぱい味がする場合も口臭がしている可能性が高く、雑菌が口の中に増えていたり胃が荒れている場合などは、唾液がネバネバしたり酸っぱく感じることがあるのです。

一度自分の唾液を口の中に溜めてみて、ネバネバしたり酸っぱくなっていないかをチェックしてみましょう。

 

以上の4つが自宅で簡単に行うことが出来る口臭チェックの方法なのですが、いかがでしたでしょうか。コップやビニール袋を使ってニオイをチェックするというのは、口臭を気にしているという人は一度は舌ことがあるのではないかな?と思うのですが、一呼吸置いてニオイを嗅ぐというのがポイントだったりするのです。

自分の体臭がわかりにく様に、口臭もなかなか自分では気づけなかったりするのですが、こういった方法を一度実践してみて、ご自身の口臭を確認してみてください。

この4つの中でも、私が自分でもビックリしたことがあるのが、歯間ブラシとフロスです。歯磨きには自信があったのですが、歯間ブラシを試しに臭った時に、歯磨きへの自信を打ち破られてしまいました(笑)

と、まあここまでは自宅で簡単に口臭チェックが出来る方法を紹介してみましたが、チェックをしたとしても自己判断で口臭がするかしないかを決めているだけなのです。

口臭を自己判断ではなく、残酷な現実を見せつけられるかもしれませんが(笑)自己判断ではなくて、客観的に自分の口臭を数値でチェック出来るのが口臭チェッカーなのです。

口臭チェッカーってどういう物なの?

私が口臭チェッカーの存在を最初に知ったのは、テレビのニュース番組で口臭外来の特集みたいな物をしていて、その時に口臭チェッカーで口臭の数値を測るというシーンを見かけたのが、口臭チェッカーを初めて知った時でした。

そのテレビで見かけた口臭チェッカーは結構昔だったので、大掛かりな装置のような物で見るからに高そうだったのですが、最近は家庭でも使うことが出来るようにかなり小さくなって片手で持てるぐらいの大きさの口臭チェッカーが販売されているのです。

amazonや楽天市場などの通販サイトなどでも簡単に購入することが出来て、最近では家電量販店でも見かけることもあります。値段には結構差があって、1,000円代で購入出来るものから高いものだと10,000円近くするものまで様々です。

口臭チェッカーも他の家電商品と同じようにいろいろなメーカーから販売されているのですが、調べてみると評判が良いのはタニタの口臭チェッカーみたいですね。(私もコレが欲しいな…とずっと悩んでますw)

使い方は超簡単で、口臭チェッカーに息を吹きかけて数秒待てば、自分の口臭レベルが表示されるというものが多く、わかりやすくて気軽に使えるのです。

口臭レベルの段階や表示は使う口臭チェッカーによって異なるようですが、だいたい6段階表示が多いみたいです。値段に差があるのはやっぱり精度の高さに違いがあり、物によっては朝イチの口臭を検知しにくかったり、検知センサー寿命が短かったりするみたいです。

私自身、今まで誰かに「私の口臭ってどう?」なんてことを聞いたことが無いので、口臭チェッカーを使って客観的に自分の口臭について知りたいので、近々口臭チェッカーを購入してみる予定です。購入したらまた感想を記事に書きますね!

追記:欲しかった女性に人気のタニタの口臭チェッカーを買いました!(笑

タニタの口臭チェッカーを使ってみた感想は▼こちらの記事でどうぞ〜

口臭チェッカー使ってみたよ!

2017.09.11

口臭の感じ方は人によって違う。

今回は自分で自分の口臭をチェックする方法について紹介しましたが、改めて感じたのは口臭って自分の問題なのですが、口臭を感じた相手にどう思われているのかっていうのが肝心な部分だなということです。

ニオイって大きく分ければ、良いニオイと嫌なニオイに分けれると思うのですが、その嫌なニオイの中でも人によって感じ方って違う訳です。もしかしたら例えば少し前に問題になっていた柔軟剤の香りだって、自分では良い香りと思っていても、人からしたら不愉快に感じてしまう場合もあるわけです。

さきほど紹介したように、完全ではないにしろ自分で身近な物を使って口臭をチェックすることは出来るのですが、やはりそこには自分の判断で左右されてしまう部分がありますよね。

客観的に自分の口臭を理解するためには口臭チェッカーなどが必要になるというのを、今回再認識しましたね。

なので、口臭チェッカーは必ず買います!(笑)

買ってみて自分の口臭を改めて知ってみたいと思ったし、ちょっと楽しみでもあるのでw使ってみたらまた詳しく紹介してみますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です