激落ちクンで歯の黄ばみを落とすのはダメ!

激落ちくんで歯の黄ばみが?の画像

ひつこい汚れを落とす時や子供の落書きを消す時などに大活躍してくれるメラミンスポンジ、激落ちくん。

少し水を含ませると、洗剤を使わなくても驚くほど汚れが落ちるから、重宝しますよね。

洗剤を使わずカンタンに使えるのが便利ですよね。

…って、今回は別に掃除の話がしたいんじゃないんです(笑

実はこの激落ちくんが、歯の黄ばみを落とすのに良い!とSNSなどで言われているのを知っていますか?

そうなんです、

掃除に使うはずの激落ちくんが、歯の黄ばみを落とすのに使える!

というのが若い世代の人たちの間で、ウワサになっているのです。

少し調べて見ると、「激落ちくんを使って歯が白くなった!」とか「黄ばみは激落ちくん使ったらすぐ取れる」といったコメントもあったりも、

私が初めてこの話を聞いた時は「そんな使い方ウソでしょッ!」って思ったのですが、しばらく考えてみると、「もしかしたらあるのかも…」なんてちょっと思ってしまったのです(笑

というのも、激落ちくんってサッと汚れている場所を擦るだけで汚れを落としてくれますよね?

それなら歯の黄ばみなんて簡単に…なんて思ってしまいますよね。

そこでこの激落ちくんを使って歯の黄ばみを落とすってどうなの?ということについて今回は書いてみます。

歯医者で衛生士の人にも聞いてみたので、合わせて紹介してみます。

激落ちくんは歯の黄ばみには使わない方が良い。

まず、激落ちくんを歯の黄ばみをキレイにするのに使って良いのかというと…

歯の黄ばみを取り除くのに激落ちくんは使うのは危険。

これが結果なのです。

まず、そもそも激落ちくんの使用上の注意として、「人体に使わないこと」という注意書きがされているのです。

私が通院している歯医者の衛生士さんにも聞いてみたのですが、

「絶対に使わない方が良い。」

ということでした。なぜ激落ちくんを歯の黄ばみに使わない方が良いかというと、

「歯が削れてもろくなったり、歯周病になる可能性がある」

こうしたことがあるために、歯の黄ばみを落とすのに使わない方が良いのです。

 

SNSや10代の若い人たちの間では、激落ちくんを使えば、

「スグに歯が白くなる!」

なんてことが言われているのですが、そもそも激落ちくんを使って歯の黄ばみが取れることなんてあるの?というと、

激落ちくんを使うことで取れる種類の歯の黄ばみもあることはあるのです。

おそらく誰かが冗談半分で試しに激落ちくんを使って歯をこすってみたら、たまたまキレイになったことから噂が広まったのだと思います。

しかし、「もしかしたら歯がキレイになるかも!?」と思って試すのは危険なのです。

付着した黄ばみ以外の場合、歯を削ってしまうだけ。

激落ちくんを使って歯の黄ばみを落とそうとするのがなぜ危険なのかというと、

それは歯の黄ばみというのは、汚れが付着して黄ばんでいる場合だけではないからです。

歯の黄ばみの詳しい原因に関しては、▼こちらの記事を一度読んでいただきたいのですが

歯の黄ばみの原因はナニ?なんとかしたい!

2016.12.28

歯の黄ばみは大きく分けると次の2つに分けることができます。

・汚れが付着した歯の黄ばみ

・象牙質が透けて見える歯の黄ばみ

このうち、汚れが付着したことによる歯の黄ばみの場合は、歯の表面についた汚れを落とすことで黄ばみをキレイにすることができます。

けど、歯の表面の成分エナメル質が薄くなって、内部の象牙質が見えてしまっている場合は、歯の表面をいくら磨いても黄ばみを落とすことができないのです。

使用したら絶対ダメっていう前提ですが、仮に激落ちくんを使って黄ばみを落とそうとした場合、

汚れが歯に付着した黄ばみは、激落ちくんで落とすことが出来ると思います。

しかし、もしその気になる歯の黄ばみが象牙質が透けて見える黄ばみだった場合、歯の表面を激落ちくんでこすってしまうと…

さらに歯の表面のエナメル質が薄くなって、象牙質が見えやすくなり黄ばみが強くなってしまうことが考えられるのです。

さらに、それだけでなくエナメル質が削り取られてしまうので、汚れがつきやすくなったり、歯が削れてもろくなったりということにも。

一度削れてしまったエナメル質を戻すのは、なかなか難しいのです。

 

歯の黄ばみって「黄色っぽくなっている」ということは鏡を見て分かったとしても、

その黄ばみが、汚れが付着したもの?それとも象牙質が見えている黄ばみなの?って素人判断ではなかなか見分けることが難しいですよね

もし間違えて、激落ちくんでエナメル質を削ってしまったら「黄ばみが気になって…」というよりももっと面倒なことになってしまうのです。

こうした黄ばみの判断を見分けられないこともあって、激落ちくんを歯の黄ばみをキレイにするために使わない方が良いのです。

スポンジの繊維や有害物質が体内に入ることも。

激落ちくんと同じような、汚れを落とすためのスポンジって、色々な種類のものがドラッグストアや100均では販売されています。

そういった汚れを落とすスポンジというのは、人間の体に使うことを想定して作られていないのです。

歯ブラシのように衛生用品ではないので、歯の汚れを落とすために使ったりすると、

・スポンジの繊維が口内に落ちて飲み込んでしまう。

・製造過程で残った薬品などが体内に入ってしまう。

質の悪い安いメラミンスポンジだと、こうしたトラブルも考えられるのです。

スポンジの繊維や、製造過程で残った薬品が体内に入って体に良いわけがないですよね。

歯を傷つけるということ以外にも、体内にメラミンスポンジの繊維が入ってしまったりという危険性も考えられるのです。

手軽に、カンタンに歯の黄ばみをキレイにするにはどうしたら良いの?

なぜSNSや若い人たちの間で、激落ちくんを使えば歯の黄ばみがキレイになるというようなことが噂になっているのかというと、

やっぱり「黄ばみを落とすことがカンタンに出来る」と思う人が多くて噂が広まっているんだと思います。

歯の黄ばみってなかなか落ちにくいというイメージがあって、それをメラミンスポンジを使って気軽にカンタンに落とすことが出来るのであれば「試してみたい」と思う気持ちもわからないではないです。

でも、最近は歯の黄ばみをキレイにするための歯磨き粉なども、以前に比べると進化していて、色々と良いものが販売されているのです。

歯の黄ばみを手間をかけずにケアをしたいのであれば、コレがオススメです。

ちゅらトゥースホワイトニング

ホワイトニングジェルの画像

歯の黄ばみが気になっている人に人気のホワイトニングジェルで、歯につけたまましばらく待つ必要があったり、マウスピースを使ったりというのは一切不要です。

歯磨き粉を使った後で、このちゅらトゥースホワイトニングを歯ブラシにつけて歯をブラッシングするだけなのです。

いつもの歯ブラシの後にサッとブラッシングするだけで、歯の黄ばみだけでなく口臭もケアしてくれるんです。

メラミンスポンジを使って歯の黄ばみをキレイにしようとするよりも、確実に安全でカンタンに黄ばみをケアできますよ。

ボタン青

歯の黄ばみに関する変な噂は信じない方が良い。

口臭と同じように歯の黄ばみも気にしている人は多いですよね。

でも、今回の激落ちくんのような本当かどうかわからない噂というのは信じない方が良いです。

って言ってる私も口臭に悩んでいる時は、口臭に関する噂を信じそうになってしましたが(笑

もし激落ちくんで黄ばみがスグ落ちると信じてしまって、歯をこすってしまっていたら今頃エナメル質が削れていたかも…なんて考えると怖いですよね。

ある意味、激落ちくんも被害者ですよね。

以前にテレビ番組で、アフリカの男性の間で肌を白くするというのがファッションとして流行っている時期があって、洗濯に使う漂白剤で顔や体を洗っている人がいるという場面が流れていたんです。

肌のことをある程度知っている女性からしたら、洗濯の漂白剤を肌に使うなんて「危険すぎる」って分かっていますよね。

でもウチの父親はその番組を見て「洗濯の漂白剤で顔を洗えば白くなるんだな〜」なんて言ってました(笑

そうなんです、いわば今回の激落ちくんの話って、この肌に洗濯の漂白剤を使うというのと同じなのです。

肌のことを少しでも分かっていれば危険だと分かりますよね。歯の黄ばみに関しても、少し知識があれば何が正しいか分かるのです。

歯の黄ばみをなんとかしたいのであれば、▼こちらの記事に歯の黄ばみの原因について書いているので読んでみてください。今よりも黄ばみのケアができるようになると思います。

⇒歯の黄ばみの原因はナニ?なんとかしたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です