口臭チェッカー使ってみたよ!

自分で自分の口臭って判断しづらい…

他人の口臭はわかっても、自分の口臭で自覚し辛いですよね?

自分のニオイって常に嗅いでいるものだから、知らない間に慣れてしまっていて、口臭悪化に気付いていないケースってあるんです。

私も、自分の口臭が気になっているものの、実際にはどれくらい口臭がヒドイのか、よくわからないでいました。

自分で口臭を知るチェック方法を以前いろいろと調べてみたのですが、その中で一番気になったのが「口臭チェッカー」という機械を使ってチェックする方法!

口臭チェッカーに息を吹きかけるだけで、口臭レベルを判定してくれるという優れものなんです!!

そんなものがあるなんて!?

これなら自分の口臭のレベルが気軽に知れていいですよね。

口臭チェッカーにもいろいろと種類があるみたいで、見た目や精度、価格帯等も様々でした。

そして、口コミなどもしっかり調べてから遂に口臭チェッカーをゲット!!

今回は口臭チェッカーを実際に使ってみた感想などを詳しくレポートしていきたいと思います。

口臭チェッカーとは?どこで売ってる?

口臭がチェックできる機械が存在するってことすら知らなかった私ですが、さらにそれが思っていたより全然小型で、値段もそれほど高くないことに驚き…。

3,000円前後で購入できるものが多く、安い物は1,000円代も!高ければ高いほど、性能も良さそうなので一概に安い方がいいとは言えないですが、試しに買ってみるのには気軽に買える安い価格のものはうれしいですよね。

大きさは手のひらサイズの小型が多く、女性の化粧ポーチにもすっぽり収まります。重さも軽くて、スマホくらいの重量感のものが多いです。

様々な会社が口臭チェッカーを出していますが、ほとんどの口臭チェッカーの仕組みは同じで、息を吹きかけると数秒で判定結果が表示されます。

口臭の判定はレベル表示で、だいたい6段階表示のものが多いようです。

電池式ですが計測回数にはセンサー寿命がある場合が多く、500回から1000回ほどが限界のものまで、メーカーによって差があります。

持ち運びに便利な小型軽量で、判定結果もすぐに出るとあって、思っていた以上に気軽に使えて便利そう…!

口臭チェッカーが売っているのは電化製品販売店が主ですが、薬局などドラッグストアにも売っていることがあります。ですがネットでも様々な通販サイトで購入ができ、口コミも見れるので、購入を検討するならまずはネットで調べるのがおすすめです。

見た目や重さ等が気になる場合は、ネットで調べた後に実際に電化製品販売店などに見に行くのがいいですね。

私はとにかく早くほしい!と思っていたので、ネットの購入に決めて、まずは口コミをしっかりチェックしてみました。

楽天やamazonなどでざっと見てみたところ、いろいろなメーカーから口臭チェッカーが出ていますが、圧倒的にタニタの口臭チェッカーが人気のようです。

口コミを見ても、タニタの口臭チェッカーが評価の高いものが多かったので、私はタニタの製品を購入することにしました。

そして、タニタが出している口臭チェッカーの中でも、センサー寿命が長めで見た目もスマートな「タニタ ブレスチェッカーEB-100 IV」をネットで購入してみました。

口臭チェッカーを持ってる画像

スマートな見た目がすごくイイ♪色も柔らかなアイボリーで機械の無機質さがなく、女性が持っていても違和感のない雰囲気が気に入ってます。

口臭チェッカーとポーチ

丸みのある形と柔らかい色合いなので機械のゴツさがなく、化粧ポーチに入れても悪目立ちしません。

そして化粧ポーチにすっぽり収まるサイズ感なので、持ち運びも本当に便利です。

これなら他人に見られても、口臭をチェックする機械だとはバレないんじゃないかと私は思っていますw

他にもピンクのカワイイものや、男っぽい黒のデザインなど、いろいろとあるようなので、自分の持ち物として自然な色のものを選ぶと、持っていても違和感を感じないので良いと思います。

タニタの口臭チェッカーを早速購入!使ってみたら…

すぐに使ってみたい…!という逸る心を抑えつつ(笑)、まずは使い方説明書を読んでしっかり使い方をチェック。

私の購入した、「タニタ ブレスチェッカーEB-100 IV」は口臭レベルが6段階に評価されるもので、使い方は一般的な口臭チェッカーとおそらく同じような内容です。

ランプの色や表示、あとバイブ機能があるので、これらで、息を吹きかけるタイミングを知らせたり、結果表示をしてくれます。

単純な操作で使えるので、機械音痴な方でも簡単に使うことができると思います。

ますは朝起きてすぐの口臭が知りたかったので、朝に早速計測!

朝起きてすぐ、歯磨き前の状態で使ってみました。

口臭チェッカーを使ってみた画像1

…おや?

思っていたほど口臭レベルは高くないみたい…。

日々いろいろな口臭対策を試してみているおかげか、自分が思っていたほどの口臭レベルではなく一安心w

会社で食後歯磨き前にも同じく口臭チェッカーを使用してみたところ、

口臭チェッカーを使ってみた画像2

これまた、レベルは低かったです。

私が私用すると、全然この口臭レベルに変化が出ないので、もしかして壊れてない…?とちょっと不安になってきた私…w

もしかして誰が図ってもこの口臭レベルなのでは!?…と疑いはじめてきたので、会社で普段タバコを吸う同僚に、食後、タバコを吸った直後の状態で口臭チェッカーを使用してみてもらってみました。

すると…

口臭チェッカーを使ってみた画像3

やはり少し口臭レベルが高いようです。

よかった、壊れていたわけではなかった(笑)

その後同じ方に歯磨き後に使用したもらったところ、レベルは下がっていました。

しっかりと測定できるので、自分の口臭をチェックしたい方には本当に便利ですね!

しかも、ランプやバイブで知らせてくれるので、音が鳴ったりもせず、こっそりと使えるのも私的にはうれしいポイントでした。

口臭を気にしているという事実はできるだけ周りに知られたくないんですよね…誰でもそうではないかと思います。

私は今回口臭チェッカーを買ってから、持ち運びに便利な小型軽量なので、職場など外出中でも、トイレ等にも持って行きやすくて、誰にもばれずに口臭チェックができました。

使ってみた結果、口臭チェッカーのベストな活用は?

口臭チェッカーを実際に使ってみて、思っていた以上の気軽さと便利さに大満足!

今では毎日持ち歩いて、気になる時にこまめに口臭をチェックするようにしています。

口臭を測るタイミングは、

・一番口臭がすると言われている朝、歯磨きをする前

・人に会う直前(仕事柄、大切な商談前や打ち合わせ前など)

・友達と会う直前

にするようにしています。

人に会う直前に口臭を測ってみて数値があまり良くない、つまり口臭がしている時はタブレットを食べたり水をたくさん飲んだりして対策をするようにしています。

朝イチに数値が高い場合は、前日の食生活や日々の疲れが原因の場合も考慮に入れて、それらを改善するように心がけるようにしています。

私は営業職なので、お客様とのやり取り前はいつも自分の口臭が気になっていました。

食事に気をつけたり、歯磨きをしっかりしていても、どうしても口臭がしているような気がしてしまい、自分が話している最中に相手の眉間にしわが寄ったり、鼻に手を当てたりする度に、自分の口臭が原因なんじゃないかと不安になることが多かったんです。

実際に口臭がしているかしていないか、わからない状況というのがストレスに感じてしまうんですよね。

ですが、口臭チェッカーでしっかりチェックした後だと、今まで感じていた漠然とした不安はなくすことができています。

ニオイレベルが低ければ安心して人と話しができるし、ニオイレベルが高ければ臭わないようにしっかりとした対策ができます。

自分の口臭が気になる、ということが私にとってかなりストレスだったので、口臭チェッカーによって一つストレスが減ってかなり心が軽くなりました♪

ストレスも口臭の原因の一つになるので、これもある意味口臭ケアの一環と言えますよね。

朝や人と合う前以外にも、気になったら気軽に口臭チェッカーを使って確認をするようにしています。

自分のペースで気になった時に使うことがれきる口臭チェッカーは、誰でも気軽に使えるので、本当におすすめですよ!!

アルコール濃度も検知するブレスチェッカーもある!

口臭をチェックすることが目的の口臭チェッカーですが、中には口臭以外にも、アルコール濃度を検知できるブレスチェッカーというものもあるんです。

口臭チェッカーより少し値段は高めですが、その分精度も高くて、お酒をよく飲む人には便利です。

アルコール検知ができるブレスチェッカーは7,000円くらいのものから、高い物だと2万円以上するものもあります。

お酒を飲み過ぎた翌日など、車に乗る用事がある時に前日のお酒が残っていないか心配な場合などに利用する方が多いようですね。

私は年に数回しか車に乗らないので、アルコール濃度が知りたいと思うような場面はあまりないのですが、車に乗ることが多い方や、通勤に車を利用している方には便利だと思います。

口臭チェッカーと比べて、アルコール濃度のチェックとなるとシビアな精度が求められるものなので、あまり安いものは正直おすすめしません…。

口コミなど少し調べてみたんですが、やはり安物のブレスチェッカーだと、アルコール濃度が検知できると記載があっても結果があいまいに感じる使用者が多いようです。

飲酒後の車の運転などを考えると、精度が良くないと逆に危ないですよね。

こちらもタニタから出ているものがありますが、ソシアックやドレ―ゲルなどが有名みたいです。

また、会社によってはブレチェッカーを用意してあるところも多いようです。営業職で車を使っての外回りが多い会社には必須なアイテムなのかもしれません。

自分の息のニオイやアルコール濃度などが、自分でチェックできるなんて、最近まで知らなかった私。

まだまだ知らない人も多そうです。

かなり手軽で使いやすいものが多いので、気になる方は積極的に使うのがいいと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です