舌苔を取る事から初めてみた…その結果は?

口臭の大きな原因の1つと言われている舌苔(ぜったい)。歯医者に行っても思ったように口臭が改善できなかった私は、スグにできる舌苔の除去を試してみることにしました。

舌苔をとった結果の画像

口臭に悩み出した頃は、特に口臭の予防や対策に関する知識もなかったので、ケータイで口臭に関することを調べていたのですが、その時に気になったのが「舌苔を除去すれば、口臭は抑えられる。」という事でした。

その時に見たサイトに書かれていたのが、「歯磨きのついでに歯ブラシで数回舌をブラッシングすればOK」みたいなことだったと思います。

コレだったらスグに出来る!

と思い、洗面所に行って歯ブラシで舌苔を取ろうとしたのですが…

「舌苔をキレイにすれば口臭も無くなるかも!?」

ちょっと半信半疑だったんですが、これなら特に何か買わなくても、今ある歯ブラシを使えばスグできるので、洗面所へ行って、舌苔の除去にチャレンジ!

初めて舌磨きをしてみたら…

ニヤニヤしながら、いつも使っている歯ブラシを舌に当ててブラッシングをしてみたのですが、これがなかなか痛い(笑

歯ブラシのブラシの硬さは硬い方が汚れがちゃんと落ちる気がして、ブラシが硬い物を使ってたのですが、1回ブラッシングするだけでも痛かったんです。

しかもヘッド部分が小さい歯ブラシを使っていたので、舌苔をキレイに除去するためには、何回もブラッシングしないといけないハメに…

結局何回も舌をブラッシングして、舌苔は除去できたんですが、痛いし結構面倒臭かったんですwwよくよく考えてみれば、舌を磨くという事をしたことが無かったので、汚い話なんですけど、生まれてから今までの汚れが溜まってたので、時間がかかってしまったのかもしれません。

舌苔をキレイに除去して口臭はどうなった?

まず最初の感想としては、「結構痛かった。」コレですね(笑

使ってた歯ブラシの毛先が硬かったっていうのもあるんですけど、個人差はあると思いますけど、歯ブラシでの舌苔の除去は結構痛いと思う人は多いんじゃないかと思います。

で、肝心の口臭の方はというと、この時は夜に舌を磨いたんですが、次の日の朝の口臭はいつもよりも抑えられていたのを覚えています。朝起きた時に「結構効果があるかも!」と自分の寝起きの息を嗅いで、ちょっと喜んでました、ハイ(笑

舌をブラッシングをしている時に思ったのが、舌苔が取れていくと同時に取れた舌苔が口の中に広がって口の中が気持ち悪くなって舌苔を除去した後で、もう一度軽くだけ歯磨きをする方が良いです。

初めて、舌苔の除去に挑戦してみた時の感想はこんな感じなのですが、確かに舌苔を除去することで、翌日の寝起きの口臭はいつもよりも、抑えられてました。

ただ、後々知ったのですが、私がやってた歯ブラシで舌苔の除去をするっていうのは正しい方法ではなかったんです。

正しい舌苔の取り方って・・・?

私が行ってたブラシが硬い歯ブラシで舌苔を除去するっていうのが、歯ブラシのブラシが硬いと舌を傷付けてしまう可能性があり、無理に舌を擦り過ぎてしまうと味覚がおかしくなってしまう場合もあるのです。

本来、舌苔は舌を保護するために必要なもので取りすぎてもダメなのです。なので、うっすらと舌に舌苔が付着しているぐらいが望ましいのです。

舌苔を取りすぎてしまうと、体が舌を保護しようとして、さらに舌苔を作り出してしまうのです。なので、舌苔の取り過ぎも禁物です。

正しい舌苔の取り方の要点を整理するとこんな感じです。

・舌磨き専用の柔らかいブラシの物を使って舌苔を取る。

・舌をブラッシングするときは擦りすぎず、数回口の奥から撫でる程度に優しく。

・舌苔を取り過ぎず、うっすらと舌の上に残しておく。

舌苔の正しい取り方はこの3つがポイントです。

確かに舌苔を取るだけでも、口臭は無くなることはないですけど、ずいぶん抑えることができますので、舌苔を取ったことがないと言う方は一度試されてみては?

ちなみに現在も私は舌苔をとっているのですが、舌専用のブラシを使っています。いろいろなブラシを試してみたのですが、そのあたりはまた別の記事で書いていきます。

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です