舌ブラシのおススメはコレ!

口臭に悩み始めてからというもの、ドラッグストアやLOFTや東急ハンズなどに行くことがあれば、必ずチェックしていたのが、歯ブラシや歯磨き粉のコーナーと口臭対策グッズのコーナーですね!

前にも書いたのですが、口臭には悩んでいるんですけど、口臭対策のグッズとかをいろいろと見ていると、「コレ良さそう~♪」とかって結構楽しくなってくるもんなんです(笑

おかげで歯ブラシや歯磨き粉はとっかえひっかえするようになり、どこにいけばどういう口臭対策グッズが売っていて、どの商品が効果があったのかまで詳しくなってしまいました・・・ww

なので、今回は口臭対策と言ったらまずコレっていうぐらいの~

舌苔を取るための舌ブラシのおススメアイテムを紹介したいと思います。

舌ブラシおススメはどんなの?のメイン画像

歯ブラシって本当にすっごい種類が販売されていて、買うときにもどれにしようかって悩みまくってしまうぐらいなんですが、舌ブラシってまだ歯ブラシほど種類がでていなくて、そんなに選択肢も無いんですけど、少ないなかでも当たりハズレってあるんです。

私がおススメする舌ブラシというのが…

舌ブラシはどういった物を選べばいいのか?

「舌ブラシなんかどれでも一緒じゃない?」「歯ブラシでイイんじゃないの?」なんて声が聞こえてきそうですが、たかが舌ブラシなんですけど、これがなかなか結構な違いがあるんです。

まず舌ブラシを選ぶときに注意したいのがこの3つ

・舌苔がちゃんと取れるものを選ぶ

・舌が傷つかないようなものを選ぶ

・痛くないものを選ぶ

当たり前のことなんですけど、この3つのことが結構大事なんです。

初めて舌苔を取ろうと思ったときに私がしたのは、普段使ってる歯ブラシを使って舌苔を取ることにチャレンジしたんですけど、ブラシ部分が固めの歯ブラシを使っていたので、舌に歯ブラシをあてると結構痛かったんです。

それで初めて舌ブラシを近所のドラッグストアへ買いにいったのですが、その舌ブラシというのがヘラのような形をしてたんですけど、これがあまり舌苔が取れなかったんです。それであまりこれじゃ効果がないなと思ってスグに使うのをやめてしまったんです。

その時は近所のドラッグストアでは舌ブラシというと、その商品ぐらいしか売っていなくて、しばらく舌ブラシは使っていませんでした。

で、職場の近所のドラッグストアへたまたま立ち寄ったときに見つけたのが、ヘラのような舌ブラシではなくて、ちゃんと先っぽにブラシがついているタイプのものだったのです。これがなかなか使い心地が良くて、今も継続して使用しています。

あと、ブラシが固すぎると舌に傷がいってしまって、逆に舌苔が前よりも溜りやすくなってしまった…なんてことにもなりかねないのです。

なので、舌ブラシって「どれでも一緒かも?」と思ってしまいがちなんですけど、上の3つのポイントをちゃんと押さえた舌ブラシを選ぶことが大切なんです。

どの舌ブラシがおススメなの?

舌ブラシおススメはコレの画像

日本製のものだったり、海外の製品だったり、いろいろな舌ブラシを試したのですが、私が使ってみて一番おススメの舌ブラシっていうのが…

GLANZ(グランツ)舌クリーナー

コレです!

エビス グランツ 舌クリーナー (色おまかせ)

エビス グランツ 舌クリーナー (色おまかせ)

おススメのポイントは?というと、先端には柔らかめのブラシがついていて、その手前には柔らかいゴム状のヘラがついているのですが、先端のブラシで舌苔を浮き上がらせて、ヘラで取り除くといった感じで、計算されたコンビネーションプレイが素晴らしいです(笑

ブラシのついているヘッドの部分が若干大きいので、口が小さい方はちょっとオエッとなってしまうかもしれません。

けど、いろいろと舌ブラシを使ったのですが、このGLANZ(グランツ)の舌ブラシが一番舌苔が取れて、手軽にカンタンに使えるのでおススメです。

はじめて使った舌ブラシはヨーロッパかどこかの輸入品だったのですが、ただのヘラでした。なので、このGLANZ(グランツ)の舌クリーナーの形状を見たときは「コレは良さそうッ!」って衝撃的でしたww

ほんとに手軽に舌苔をちゃんと取ることが出来るので、一度試してみてください。

もう一つオススメなのが、舌と同じように上顎や歯茎にも汚れが蓄積されてしまって、口臭の原因となってしまっている場合があるのですが、歯茎の汚れって普通の歯ブラシでも取れると言われているのですが、歯茎もキレイに出来ると言われている歯ブラシをよく見たら、毛先の一部だけが細くなっているだけなんです。

普通の歯ブラシでも、ある程度歯茎を掃除することができるのですが、なかなかちゃんと歯茎ケアをするのは難しいのです。

私も、舌ブラシを使えば舌はキレイになるのに、歯茎をキレイにするのってなかなか難しい…って思っていたのですが、歯茎をキレイににしてくれる歯ブラシを見つけたんです。

それがコレです↓

■ころころ歯ブラシ

歯ぐきブラシの画像

一見オモチャみたいな歯ブラシなんですが、これが歯茎をめっちゃキレイにしてくれるんです。使っているうちに歯茎の色もキレイになって、今では欠かせないモノになっています。

f:id:koushuuchan:20160301000859j:plain

↑写真がヘタなのですがw先端は拡大するとこんな感じです

このコロコロ歯ブラシは歯茎をキレイににするために作られた歯ブラシで、このコロコロ歯ブラシで歯茎を洗った後はホントにスッキリして、歯茎もなんていうかキュッと締まっている感じがするんですよね。それに使っていく内に歯茎の色がキレイなピンク色に変わっていくんです。

舌ブラシで舌をキレイにするように、このコロコロ歯ブラシで歯茎をキレイにすればもっと口臭に対する不安が減るので、オススメです。

▼歯ぐきもケアすれば口臭の悩みはもっと軽く♪
ボタン

舌ブラシの使い方は?

舌ブラシの使い方は?のメイン画像

GLANZ(グランツ)の舌ブラシの使い方は簡単で、というか舌ブラシの使い方なんて、ほとんどどれでも同じなんですけど(笑)口をあけて舌を出して舌ブラシで何回か舌をこすってあげるだけですね。

注意することがあるとすれば、舌ブラシで舌を擦り過ぎないことですね。GLANZ(グランツ)の舌ブラシはよく舌苔が取れるので、ついつい舌に白くついている舌苔を全部取ってしまおうと思ってしまうのですが、舌苔を全部キレイに取ってしまうと、新たに舌苔が付着しやすい状態になってしまうのです。

なので、舌ブラシを使って舌をキレイにするときには、うっすらと舌苔が見えるぐらい残しておいてあげるのがポイントなんです。

舌苔がなかなか取れないという方は、舌ブラシを使って口の奥から舌苔をかき出す前に、一度舌ブラシでしたの上を奥に押してみると舌苔が浮いて取りやすくなります。

GLANZ(グランツ)の舌ブラシを使うと、だいたい4~5回ぐらい舌をブラッシングしてあげると余分な舌苔は取れると思います。

上にも書いているのですが、GLANZ(グランツ)の舌ブラシはブラシの手前にゴム状のヘラがついているのです、舌をブラッシングした後で、このゴム状のヘラの部分に取れた舌苔がたまっている場合があるので、使用した後は、よ~く水洗いをした方がイイです。

舌ブラシの耐久性ってどれぐらい?

舌ブラシの耐久性は?の画像

私は今もGLANZ(グランツ)の舌ブラシを愛用しているのですが、使い始めて1年ぐらいで買い替えたのは1回だけですね。それも、舌ブラシが使えなくなって買い替えたのではなくて、ピンク色が可愛かったという、どうでもいいような理由で買い替えただけなんです(笑

歯ブラシは2~3ヶ月に1回ぐらい買い替えるのですが、GLANZ(グランツ)の舌ブラシは結構作りがしっかりしていて、結構長持ちしてくれます。普通に毎日使っていても半年は全然使えると思います。

高い物でもないので、1ヶ月に1回ぐらい買い替えても良さそうなものなんですけど、どうも貧乏性なのか、使えるうちは使い続けてしまうんですねww

舌ブラシを使った後で、水洗いをちゃんとしてあげれば、GLANZ(グランツ)の舌ブラシは結構長持ちしてくれます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です