自宅でホワイトニングおすすめはコレ!

自宅でホワイトニングの画像

口臭も気になるけど、「よく見たら歯が黄ばんでる…」なんてふと洗面所で鏡を見た時に思ったことってありませんか?私が自分の歯の黄ばみを気にしだしたのは、口臭のことを気にしだした時とほぼ同時期でしたね。口臭を気にし始めた頃は本当に悩んでいて、

「まさかこの歯の黄ばみが口臭の原因じゃ…」

なんてことをよく思っていましたね。多少なりとも歯の黄ばみが口臭の原因になることはあるのですが、口臭の主な原因は虫歯や他のことなんですけどね。

そう、口臭に悩み始めた時期に歯の黄ばみも気になりだしたのですが、その頃に始めて見ようと思ったのが自宅でのホワイトニングなのです。

黄ばみが気になった始めの頃は、虫歯治療のついでに歯医者で黄ばみをキレイにしてもらっていたのですが、本格的なホワイトニングともなるとそれなりにお金もかかるし、わざわざ歯医者に行くのが面倒臭いというのもあったのですが(笑)自宅でなんとかできないかな?と思い始めたのがきっかけでしたね。

歯医者に行って一度キレイにしてもらえば1ヶ月程は普通に歯磨きをしているだけでも白さが持つのですが、その歯の白さをキープするためにも自宅でホワイトニングケアをしてあげることは有効なのです。

というわけで今回は、自宅で歯のホワイトニングってできるの?ということについて書いてみますね。

ホワイトニングって自宅でできるの?

そもそもホワイトニングなんての画像

本格的なホワイトニングとなると特殊な機械や薬剤が必要となるため、歯科クリニックでお願いするのが一般的です。美容目的の診療となるため、全て自己負担となり本格的なホワイトニング治療は決して安いものではなく、私が家の近くの歯医者でホワイトニングをお願いしようとしたところ「3万円~4万円ほどかかりますね」と言われてビックリした記憶があります。

本格的なホワイトニングを歯医者などでしてもらおうと思ったら、なかなか金額がかかってしまうのです。なので私の周りの友人がホワイトニングを行うタイミングで多いのが、結婚式前にホワイトニングをする友人は多かったですね。

しかしホワイトニングは医療機関でしかできないの?というとそうでもなく、本格的なものよりもやや簡易的ではあるのですが、自宅でもそれなりに歯をキレイにすることができる簡単なホワイトニングは行うことができるのです。

日本でも少しずつホワイトニングをすることが一般的になってきていますが、歯の白さもエチケットのうちという風に考えるアメリカでは、経験者が約90%もいるといわれるほど自宅でホワイトニングをするというのはポピュラーなケアなのです。

自宅で歯のホワイトニングをするためにはホワイトニング剤が入っている歯磨き粉が必要なのですが、私たちが普段使っている歯磨き粉には虫歯にならないためのサポート成分・フッ素や抗菌・口臭予防の成分は含まれているのですが、歯を白くしてくれるホワイトニング剤は一般的なよくある歯磨き粉には含まれていません。

普段から丁寧に歯磨きをしているのに歯が白くならない…というのは、使っている歯磨き粉にホワイトニング剤が入っていないのでキレイな白い歯にすることができないということが多いのです。

ではどうすれば自宅でホワイトニングができるのかというと、「歯磨き後にホワイトニングジェルを使う。」たったこれだけなのです。

自宅でホワイトニングというと、歯医者でマウスピースを作ってもらってホワイトニング剤を使うという方法もあるのですが、マウスピースを作ってもらうのにもそれなりのお金がかかって、マウスピースを装着するというのがなかなか面倒臭いんですよね。(お金と面倒の話ばっかりしていますが…ww)

でも、私も普通のOLでお給料もごくごく普通なので、ホワイトニングのためにそんなにお金を使うことができないというのが本音でもあるのですが、それでもホワイトニングをして歯を綺麗にしたいと思って行き着いたのが、歯磨き後にホワイトニングジェルを使うという方法だったのです。

自宅でホワイトニングするのに必要なもの?

自宅でホワイトニングをするのに必要なものというのが…

ホワイトニングジェル

たったこれだけです。私が自宅でホワイトニングをする時に使っているのはホワイトニングのためのジェルだけで、他はいつも使っている歯磨き粉ぐらいですね。

ホワイトニングジェルも何種類か販売されていて、私もいくつか買ってみたことがあるのですが、マウスピースが必要だったり時間がかかったりというものも多いです。いくつかホワイトニングジェルを使ってみて見つけたのが、このホワイトニングジェルなのです。

■薬用ちゅらトゥースホワイトニング

ホワイトニングジェルの画像

このホワイトニングジェルが私が愛用しているホワイトニングジェルなのですが、面倒くさがり屋の私でも続けられているのは使い方がカンタンだからというのもあります。薬用ちゅらトゥースホワイトニングの使い方はというと…

1:いつも使っている歯磨き粉を使って普通に歯磨き。

2:薬用ちゅらトゥースをつけて歯磨きをする。

これだけなのです。これならホワイトニング剤をつけてマウスピースを着けたりする必要もなく面倒臭くもないので、気軽に簡単に自宅でホワイトニングができるというワケなのです。

■薬用ちゅらトゥースの成分

ホワイトニングができると聞くと成分などは大丈夫なの?と思いますよね。薬用ちゅらトゥースはその点も安心で、ポリアスパラギン酸というアミノ酸系の成分で歯に付着した黄ばみや汚れを浮かせるのです。そして合成物質だけではなく、リンゴに含まれるリンゴ酸を配合することで汚れが再び歯につくことを予防し、ビタミンCも配合されているので歯茎の健康にも役に立ってくれるのです。

■ホワイトニング歯磨き粉との違い

ドラッグストアなどに行くと、ホワイトニングの歯磨き粉なども市販されていたりしますが、薬用ちゅらトゥースとの違いはというと…

ホワイトニング歯磨き粉の場合:

ホワイトニング歯磨き粉の場合は研磨剤が多く含まれているものも多く、歯を白くすることができたとしても歯の表面が削られてしまう場合があり、再び歯に黄ばみなどが出てしまうと歯の表面に出来た傷に汚れが入り込んで、汚れが回数を重ねるに連れて取れにくくなってしまうということがあります。

薬用ちゅらトゥースの場合:

薬用ちゅらトゥースの場合は、歯の表面の汚れを浮き上がらせてホワイトニングをするという方法で、ホワイトニング歯磨き粉よりも効果が現れるまでに少し時間がかかるものの歯を研磨剤で削ることが無いのです。継続的に使うことで、黄ばみや汚れの付着しない状態を保ってくれるのです。

歯磨き粉と薬用ちゅらトゥースを比べるとこういう違いがあるのです。薬用ちゅらトゥースの場合はホワイトニングの効果を感じるのに少し時間がかかってしまうのですが、歯への負担が少ないというメリットがあるのです。

■口臭予防にも期待できる。

私が薬用ちゅらトゥースを買うのを決めたポイントは自宅でホワイトニングをできるという点以外にももう一つあるのです。それが、ホワイトニングだけじゃなくて口臭予防もできるという点です。

薬用ちゅらトゥースにはビタミンCなど歯茎の健康に良い成分も配合されているのですが、それ以外にも歯茎の炎症を抑えてくれる成分も配合されているので、歯肉炎など歯茎の病気を予防することができるので、口臭ケアにも薬用ちゅらトゥースは期待できるのです。歯の黄ばみと同時に口臭も気になっていた私は、この口臭予防もできるというのもポイントでした。

■本当に自宅でホワイトニングができるの?

薬用ちゅらトゥースがどういうものか紹介してみましたが、結局のところ「本当にホワイトニングができるの?」ということが一番気になることですよね。私が実際に使ってみてどうだったかというと…

使い初めて2週間ほどで歯がキレイになってきた!というのが実感出来ましたね。

ホワイトニングのことを調べて見ると、「自宅ではホワイトニング出来ない。」みたいなこともよく言われていて、最初は不安だったのですが。2週間ほど使い続けて意識をして歯を見ていたのですが、スマホの自分の写真などと比べて見ても少し歯の色がキレイになってきているのが分かりましたね。

使い始めてスグに歯が白くなるというワケではないのですが、2週間ほど毎日使って見ると歯が白くなってきているのが実感できると思います。もちろんそれからも使い続けているのですが、今では歯には自信が持てるぐらいにはキレイになったんじゃないかなと思います。

薬用ちゅらトゥースの「ちゅら」という言葉を聞いて、知っている方は沖縄の?って思われた方も多いのじゃないでしょうか?この薬用ちゅらトゥースは沖縄の企業が開発したホワイトニングジェルなのですが、実は沖縄は全国で虫歯の多い県ワースト1なのです。

そんな虫歯の多い沖縄の人が実際に使ってみても、「想像以上に歯が白くなった!」「タバコを吸っていたけど歯がキレイになった。」「クリニックにも引けをとらない」と評価されているのです。年配の男性やタバコを吸っていたという方でも、薬用ちゅらトゥースのホワイトニング効果が実感出来ているのです。

歯医者やクリニックでホワイトニングをするとなると最初にも書きましたが、私が確認した歯医者でも3〜4万円ほどすると言われて凹んだのですが(笑)薬用ちゅらトゥースの場合だと1日あたり120円ほどで自宅でホワイトニングにチャレンジすることが出来るのです。これぐらいだったらOLの私でもwと思ったのもきっかけです。

いつかはホワイトニングをしたいと思っていたけど金額などが気になって踏ん切りがつかなかったという方は、一度この薬用ちゅらトゥースを試されてみてはいかがですか?思っている以上に歯が白くなるだけで印象が変わるというのが実感出来るとはずなので。

ボタン

LEDを使った自宅ホワイトニングってどうなの?

LEDホワイトニングはどうなの?の画像

自宅で行えるホワイトニングにも色々なものがあるのですが、最初に書いたようにアメリカではホワイトニングをするのは一般的で、最近見かけるようになったホワイトニング方法でアメリカから広まったのがLEDを使うホワイトニングです。LEDを使うと聞くと大掛かりな装置のようなものを想像してしまいますが、実際にクリニックなどでもLEDでホワイトニングを施術してくれる所があり、その簡易版的なものが自宅でもホワイトニングが出来るように販売されているのです。

LEDホワイトニングとは?

ホワイトニング剤として、食品などへの使用も認められている酸化チタンという成分を使用します。この酸化チタンはLED光を照射することで反応し、歯に付着した汚れを浮かせるということが出来るのです。LEDを使用するのはこういう理由なのです。

LEDホワイトニングとはこういうことなのです。ホワイトニング剤に含まれた酸化チタンとLEDの化学反応を取り入れたホワイトニングのため安全性が心配ですが、LEDの光は肌を攻撃する紫外線などとは違う光のため、ホワイトニングをするだけでは心配するような影響はないのです。

ただ、自宅で出来るLEDホワイトニングの評判などを見てみると、歯がしみたり痛みを感じたというような評判も見かけることがあるのですが、これは海外のLEDホワイトニングの場合、ホワイトニング剤に刺激のある成分が含まれているものもあり、虫歯や歯周病があった場合に刺激として感じる方もいるのです。

あと、研磨剤が多く含まれる歯磨き粉で長年歯磨きをしていたり年齢を重ねると、歯のエナメル質が薄くなっている可能性があるのですが、エナメル質が薄い歯の黄ばみや汚れの場合はあまりLEDホワイトニングは効果が得られないということも言われているのです。

LEDホワイトニングも私の中では候補には入っていたのですが、やっぱり専用の器具がいるというのと、まだあまり信用できないかも?という結論にいたって諦めましたね。

自宅でのホワイトニングは効果が長続きするの?

お茶やコーヒーなど食材の色素沈着による歯の黄ばみがもっとも多いのですが、ホワイトニングをすることでワントーン、人によっては2〜3倍も白くなるときもあります。私自信もホワイトニングをする以前の写真を見返して思うのが、「笑ってる時の顔が違う…(笑」単に歯が少し白くなっただけなのですが、それぐらい印象が違うのを実感しましたね。

ちょっと自分でも歯が黄色いかもと思い出すと気になって来ますよね。そう歯がホワイトニングでキレイになることでデメリットってないのです。自宅でホワイトニングをしてその効果は長続きするの?というのも気になるところだと思うのですが、私の場合はどうかというと…

薬用ちゅらトゥースを使い始めて白くなったなと実感してからは、白さをキープすることが出来ています。

歯医者やクリニックでホワイトニングをすると、どうしてもその後のケアがおろそか担ってしまって、しばらくするとまた黄ばんできて…ということも考えられるのですが、薬用ちゅらトゥースの場合だと、歯磨き後に使うというのが習慣になってくるので、キープ出来ているんだと思います。

あと、歯の白さをキープするために特にこれといって気をつけていることというのは無いのですが、歯に色素が沈着しそうな物を食べた時は歯磨きをしっかりするということは意識していますね。

自宅ホワイトニングだけでも印象は変わる。

印象は変わるの画像

女性の中には結婚式前にホワイトニングを受ける人が多いということを書きましたが、やっぱりそれなりにお金がかかるので、結婚式だとか何か自分が見られる大きな事がある前出ないとなかなか踏ん切りがつかないですよね。

でも、ホワイトニングをした友人のキレイになった歯をみた時に「キレイで羨ましいな…」と思っていたのは事実ですね(笑)歯が白くなっただけなのになんていうか清潔感が全然違うように見えて、印象も良くなりますよね。

まぁ私も結婚するタイミングでは一度お金をかけてホワイトニングをしてみたい物ですが、お相手すらいないのでいつになるやらですが(笑

ホワイトニングと聞くと自宅では無理だと最初から諦めている方も多いと思いますが、今回紹介をした薬用ちゅらトゥースを一度使って見てください。自分の歯が白くなって来たことでちょっとした自信も出るはずなので。女の自信ってほんとそういう小さいことの積み重ねなんだなと実感しているこの頃ですww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です