歯間ブラシとフロス、口臭対策にイイのはどっち?

ちょっとちょっとずつではあるのですが、口臭の悩みは若干軽くはなってきているのですが、営業という職業柄、お客様との打ち合わせ前や、ミーティング前などにはブレスケアやガムやミントにまだまだ頼ってしまう今日この頃です(笑

以前に、口臭が気になり始めた頃に口臭の相談をしに歯医者さんへ行ったという記事を書いたのですが、その歯医者さんで教えてもらったのが、誰もが歯医者に行くと一度は経験する歯の正しい磨き方でした・・・ww

歯間ブラシとフロスどっち?の画像

この歯医者さんではの磨き方を教えてもらうって、歯医者が変わる度にあるんですけど、ま~だいたい言われることは同じで、「そんなに力を加えずに、細かくブラシを動かしましょう」とか「歯と歯ぐきの間も磨きましょうね~」とかだいたい同じなんですよね…やってるんですけどね…気になるんですよ口臭が(笑

ただ、前回行った歯医者さんでは、歯間ブラシであったりフロスを使った口臭対策なども教えてくれました。で、歯医者さんに行った後から今現在まで続けているのですが、歯間ブラシとフロスってどっちの方が私にとって口臭に効果があったのかっていうことを少し書いてみたいと思います~

歯間ブラシとフロスの違いは?

歯間ブラシもフロスも、どっちも歯医者やドラッグストアで売っているので、ほとんどの方がご存じじゃないかな~とは思うのですが、一応自分の復習のためにも書いてみると…

1:歯間ブラシ

歯間ブラシの画像

歯間ブラシの一般的な形状っていうのは、L字型になっていて、先端にブラシが付いているもので、文字通り歯ブラシでは磨きにくい歯と歯の間をカンタンに磨くことが出来るブラシです。先端が柔らかいゴム状のものや、細い金属状のものにブラシが付いているものや、イロイロな種類があります。最近ではL字型ではない物も販売されています。

使い方は歯と歯の間に歯間ブラシを突っ込んで歯の間をゴシゴシと磨くだけです。

2:フロス

フロスの画像

フロスは透明な細い糸で、基本的には歯間ブラシと同じで歯ブラシでは磨きにくい歯と歯の間に溜まった食べカスなどを掃除するものです。歯間ブラシと違うのは、フロスは細い糸なので、歯間ブラシが入らないぐらいの歯と歯の間も掃除することができるのと、歯と歯茎の間の深くまで、掃除をすることができるのです。

使い方は、フロスを両手で持って歯と歯の間にフロスを入れて、上下左右に手を動かすだけです。

歯間ブラシとフロスの違いはこのような感じで、フロスの方がより細かい所まで歯と歯の間を掃除することができます。
ただ、フロスの場合は両手で持って鏡を見て歯と歯の間に入れて手を動かすのですが、鏡を見てするので、手の動かす方向が逆なので、これがなかなか難しいんです。なので手軽さという点で言えば歯間ブラシの方が楽チンですね。

歯医者さんでおススメされたのはフロスだったんですが、そのフロスには糸の途中にブラシのような部分があって、フロスと歯間ブラシが合体したような物でした。初めのうちは、歯医者さんでおススメされた、そのフロスを使っていたんですが、やっぱりフロスって面倒臭かったんです…wなので、まだフロスは残っていたんですけど、途中でドラッグストアで購入した歯間ブラシに変更しました(笑

今は、歯間ブラシのようでもあってフロスのようでもある物を使っているのですが、コレが今まで使った歯と歯の間を掃除するもので一番便利なんです。それについては下の方で書きますね。

歯間ブラシの効果ってどんなの?

歯間ブラシの効果の画像

歯間ブラシとフロスってどういうものなのか?ということがお分りいただけたかと思うのですが、歯間ブラシをすることでどんな効果があるの?ということについて紹介してみると…

歯間ブラシの効果

・歯の間に詰まった食べカスを取り除くことができる。

まず歯間ブラシを使うことで一番効果があるのが、この歯の間に詰まった食べカスなどを取り除くことができるというものです。よく勘違いしてしまいがちなのが、「歯並びが綺麗だと歯の間には食べカスなどが詰まらない」と思ってしまうのですが、歯並びがキレイだったとしても歯の間には歯磨きをしても食べカスなどが詰まってしまうことはあるのです。

私も歯間ブラシを使う前は前歯やその周辺には食べた物が引っかかるということを感じたことが無かったので大丈夫だろうと思っていたのですが、試しに歯間ブラシをしてみると詰まってましたね…(笑)

歯ブラシを丁寧にしても歯並びがキレイだったとしても、歯の根元部分には歯の形状を考えるとどうしても隙間が空いてしまっているのです。なので少なからず食べカスなどが詰まっているということは十分に考えられるのです。

・歯間ブラシは歯茎の健康にも効果が。

これは歯医者で教えてもらったことなのですが、歯医者でよく言われるのが「歯茎と歯の間もちゃんと歯磨きをしてください。」ということなのですが、一度は聞いたことがあるという人も多いと思います。

歯茎と歯の間の小さなスペースに食べカスなどが詰まっていたりすると、歯周病になってしまったり口臭の原因になることがあるのですが、歯茎は鏡で見える表面だけではなくて、歯と歯の間にも当然歯茎があるのです。歯間ブラシで掃除をすることによって歯の間の歯茎の健康にも役立つということなのです。

・噛んだ時の痛みが軽くなる場合も。

これは、私が実際に経験したことなのですが、噛んだ時に痛みを感じることがあった時に「虫歯かな?」と思って歯医者に行ったのですが、歯と歯の間に物が詰まっていただけだったのです。恥ずかしかったですけどね…(笑

歯医者の先生が言うには、歯の間に物が詰まった状態で噛んだ時に痛みを感じてしまう人と言うのは意外と多いらしく、歯間ブラシをちゃんとすることで、歯の間に物が詰まっていることによる痛みが軽くなることもあるのです。

・歯間ブラシは口臭予防にも効果が。

歯間ブラシをすることで、歯と歯の間に詰まっている歯ブラシだけでは取りことができない食べカスなどを取り除いてキレイにすることができるのですが、歯の間に詰まっていた食べカスなどが口臭の原因になっていると言うことももちろん考えられるのです。

例えば、気づかないうちに歯の間に食べ物が何日も詰まっていたとしたら、どういう状態になっているか?というのはしたくはないけど想像できますよね?(笑)

長時間歯の間に詰まっていた物が口臭の原因になっているということは十分に考えられることなのです。それに、食べカスなどが歯の間にあることが、口内の雑菌の繁殖に繋がるということもあるのです。なので歯間ブラシをするというのは口臭予防にも効果があることなのです。

 

歯間ブラシの効果を書いて見ましたが、まとめると…

・歯の間に詰まった食べカスを取り除くことができる。

・歯間ブラシは歯茎の健康にも効果が。

・噛んだ時の痛みが軽くなる場合も。

・歯間ブラシは口臭予防にも効果が。

ということなのです。歯間ブラシは、歯ブラシだけでは取り除くことができない歯の間に詰まった物を取り除くというものなのですが、間接的には口臭予防は歯茎の健康に繋がったりというような効果があるのです。

歯間ブラシやフロスは口臭対策になるの?

歯間ブラシは口臭対策に?の画像

確かに、歯間ブラシやフロスをすることで、歯ブラシでは磨くことが難しい部分をキレイにできるので、私の感覚では口臭は少し抑えることができると思います。

少し汚い話になってしまい恐縮なのですが恥を承知で書くと…w

初めて歯間ブラシを使った時に、歯の間に結構な食べカスが溜まっていたんです。そのあとで口を水でゆすいでみると、詰まっていた物が取れたので、すごくスースーする感じがして歯が軽くなったような感じがしたんです(笑

あと、使い終わった後の歯間ブラシのニオイを試しに嗅いでみたんですが、それはもう・・・スゴイ臭いでした・・・自分にショックを受けてしまうぐらいでしたww

営業の仕事ということもあって、歯磨きは丁寧に時間をかけてしているつもりだったんですが、歯ブラシでは磨ききれない部分があって、その磨ききれない部分が口臭の原因となっていることは間違いないです。

私も初めは、フロスや歯間ブラシなんて使う必要あるの?と思っていたのですが、今ではほぼ毎日のように使うようになりました!

なので、口臭に悩んでいてフロスや歯間ブラシを使ったことがナイという方は、試しに一度使ってみられることをおススメします!

口臭対策におススメなのはどっちなの?

歯間ブラシおすすめは?の画像

フロスはやっぱりどうしても使いにくくて、毎日使うのはホントに結構面倒臭いんですよねwなのでおススメなのは手軽に使うコトができる歯間ブラシの方がおススメです!ただ、仕事が休みの日の夜などは面倒臭いけれど、フロスを使って歯と歯ぐきの間も丁寧に掃除をするようにしていました。

やっぱり平日の朝は苦手で、化粧をしたりしないといけないし、時間が無いのもあって歯間ブラシの方が便利ですね。初めて歯間ブラシやフロスを使う方が、もしフロスを選んだとしたら長続きさせるのは結構難しいんじゃないかな~と思います。ひつこいのですが、鏡を見て手を動かすっていうのがムズくてなかなか慣れないです(笑

で、この記事の上の方に書いたのですが、私が今も使い続けているのが、歯間ブラシとフロスが合体した、このGUMのデンタルフロスなんです。もうこれが超便利で、歯間ブラシの感覚でフロスと同じように歯と歯の間が狭いところまでキレイにすることができて、カンタンに掃除することができます。

騙されたと思って是非一度使ってみてください。手放せなくなりますから(笑

GUM(ガム)・デンタルフロス&ピック Y字型 30P

GUM(ガム)・デンタルフロス&ピック Y字型 30P

どういった使い心地かはまた別の記事で書こうと思っているのですが、営業の仕事をしているワタシが自信を持って売り込みたいぐらいの商品ですww

本当にこのGUMのデンタルフロスは優秀で、歯と歯茎の間の奥に詰まった食べカスまでキレイにすることが出来ます。

これを習慣にすれば、口内のケアはかなり出来ていているのですが、さらに体の中から出てきてしまう口臭を抑えることができれば、口臭の悩みはもっと軽くなります!体の中から出てきてしまう口臭を抑えるためには、口臭サプリを一度使ってみられることをおススメします!

私が実際に使ってみて、口臭の悩みが軽くなった口臭サプリはこちらの記事で↓

もう悩まない!口臭サプリランキング!

2015.07.11

口内の口臭対策と、体の中からも口臭サプリを使って口臭を予防したことで、私はノイローゼのようになりかけてた口臭の悩みから、少しずつ解放されました。もし本当に口臭に悩まれているのなら、ぜひ一度↑の記事を読んでみてくださいね。

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です