嫌~な歯茎の腫れはこの歯ブラシで解決!

口臭が気になって口臭ケアをし始めたら、口の中の状態まで結構きになってきたりしますよね。例えば歯が黄色くなってたり、歯茎のいろが悪かったりなどなど・・・せっかく口臭対策をし始めたのだから、口の中の状態もキレイな状態を保ちたいですよね!

ところで…

歯茎が腫れて悩んだりしていませんか?

私が口臭のことを気にしだして、色々と口臭ケアを始めたときに気になったのが、この歯茎の腫れなんです。

歯茎の腫れをどうにかしたい!の画像

虫歯があって歯茎が腫れているとかではなくて、特に歯が痛くなったりもしていないのに、私の場合は前歯の3本ほど横の歯茎が腫れているのに気付いたんです。

調べてみると、歯茎が腫れてしまうのは虫歯があるからっていうだけではなくて、虫歯が無くても歯茎が腫れてしまうことがあり、誰にでも歯茎が腫れてしまう可能性があるのです。

虫歯が無いのに歯茎が腫れてしまうというのは、口内や体内に少し不調が起こってしまっているという合図でもあるのです。

なので、歯茎が腫れてしまっているということは口臭が発生してしまっている可能性もあるのです。

歯茎が腫れているだけだから…といって放ったらかしにしたままにしてしまうと、歯周病や歯槽膿漏などの口内のトラブルになってしまう場合もあるのです。

歯茎の腫れをちゃんとケアして治めてあげることは、口臭予防にもなるので、今回は私の歯茎の腫れを抑えてくれた歯茎の腫れにおススメな歯ブラシのことを書いてみます。

虫歯でもないのに歯茎が腫れてしまうのはどうして?

虫歯以外の原因って何?の画像

ほとんどの方は「歯茎の腫れ」と聞くと、虫歯や親知らずが原因なんじゃと思われていると思うのですが、実は歯茎の腫れは虫歯や親知らずだけが原因ではないのです。

虫歯や親知らず以外で歯茎の腫れとなってしまっている原因というのが…

■体の疲れやストレスが原因

歯茎の腫れの原因で多いのが、この体の疲れやストレスが原因となってしまっていることです。

仕事の残業が続いてしまったり、休みがなかなかとれなくてリフレッシュできなかったりしてしまうと、疲れが体に溜まってきてしまいますよね。そんなときは体内の血流が悪くなってしまって、肩が凝ってしまったり、体がダルくなってしまうという経験があるかと思います。

それと同じで、体に疲れが溜まってしまって血流が悪くなってしまうと、血液の流れが多い歯茎にも異変が起こって、歯茎の腫れとなって表に出てきてしまうことが多いのです。

疲れだけでなく、ストレスが溜まってしまっても同じように血流やホルモンバランスなどが悪くなってしまって、歯茎が腫れてしまうのです。

■歯と歯茎の間をちゃんと磨けていない。

歯を鏡で見ると、歯と歯茎ってピッタリとくっついているように見えますが、歯と歯茎の間には溝があって、この部分に食べかすや汚れが詰まってしまうことが原因で歯茎が腫れてしまうことがあるのです。

また、この歯と歯茎の間に食べかすなどが詰まったままの状態が続いてしまうと、歯茎の腫れだけじゃなくて、口臭の原因にもなってしまうのです。

私もそうだったのですが、歯磨きをする時に歯はちゃんと磨けているけれど、歯と歯茎の間を磨けていない人って結構多いのです。歯医者に行った時に教えてもらったのですが、歯を磨くときに出来るだけ細めの毛先の歯ブラシを使って、歯と歯茎の溝に毛先が入るように歯ブラシの角度を合わせて磨くのが理想的なのです。

■アルコールやタバコが原因

歯茎の腫れの原因で意外にも多いのが、このアルコールやタバコが原因となってしまっている場合です。アルコールやタバコが、直接的に歯茎の腫れを引き起こしているというのではなくて、例えばアルコールの場合だと、アルコールを多量に摂取してしまと口内の水分がアルコールに吸収されてしまって口内が乾燥してしまい、口内に雑菌が繁殖してしまって歯茎が腫れることがあると言われています。

虫歯や親知らず意外の原因で歯茎が腫れてしまう原因の主なのがこの3つです。「歯茎が腫れているだけ…」と軽く思ってしまいがちなんですが、実は体の不調であったり、口内に菌が繁殖してしまっていたりと、あまり軽く思わずにちゃんとケアをしてあげることが大切なんです。

私の場合は、仕事が忙しくて体が疲れてしまっていたせいで歯茎が腫れてしまっていたんです。その頃は会社の繁忙期で、帰りが終電近くになる日が続いてて、週の後半になってくると疲れてしまっていて家に帰れば何もせずにそのまま寝てしまうという日もあったぐらいです。

歯茎が腫れてしまっていたのも週末とかが多かったです。で、日曜日に休んでちょっと疲れがとれたかなと思ったら歯茎の腫れも治まっていて、また週末になってくると腫れが気になってしまうというような状態を繰り返していました。

その頃は疲れすぎてしまっていたので、ちゃんと歯磨きなどを出来ていなかったというのも原因の一つだと思います。

歯茎が腫れるだけだったらまだマシだったのですが、私の場合は歯茎が腫れてくると、なんというか口の中がいつもよりもネバネバしているような感じで、口臭もすごい気になっていたんです。

そんなときに出会ったのが、歯茎の腫れや口の中のネバネバを抑えてくれる、歯茎のための歯ブラシなんです。

歯茎の腫れに悩む人に選ばれているおススメの歯ブラシ

ころころ歯ブラシの画像

私も歯茎の腫れを何度か繰り返していたのですが、歯茎が腫れてしまうと口の中がネバネバしてきたり、嫌だったのが歯茎の鈍い痛みみたいなのが続いてしまうことだったんです。

うがい薬を買ってこまめに口の中を洗浄したりもしていたのですが、口の中をゆすいだ後は一瞬はスッキリとするのですが、歯茎の腫れが根本的に治まるっていうことはなかったんです。

「どうにかできないかな~」

と思っていたときに、いろいろ調べて見つけたのが、この歯茎のための歯ブラシなんです。

■ころころ歯ブラシ

f:id:koushuuchan:20150921010404j:plain

名前は子供用の歯ブラシみたいでちょっとカワイイんですけど(笑)この歯ブラシが歯茎の腫れに良いんです!私の歯茎の腫れを解決してくれたのも、この歯ブラシなんです。

ころころ歯ブラシは、歯茎に悩む人のために開発された歯ブラシで、開発者の富山さんも長年歯と歯茎に悩まれていて、なんとかできないかと考えて、このころころ歯ブラシを開発されたのです。

既に歯茎の腫れなどで悩まれている方には人気の歯ブラシで、通販番組で紹介された時には1日に数万本も売れたという実績があり、累計では26万本も売れている歯ブラシなんです。

ころころ歯ブラシがなぜ歯茎に良いのかというと・・・

■4,000本の極細毛が歯と歯茎の間をキレイにしてくれる!

ころころ歯ブラシの画像2

歯と歯茎の間をきれいにするためには、市販されている毛先が細めの歯ブラシでもなかなかキレイにすることができませんでした。ころころ歯ブラシは、特許を取得した技術で4,000本もの極細毛を束ねることで、歯と歯茎の間を簡単にキレイにしてくれるんです。

なので、歯ブラシやフロスを使ってもきれいにすることができなかった歯と歯茎の奥深い部分まできれいにすることが出来るのです。

■回転する形状で歯茎のマッサージが簡単に出来る!

ころころ歯ブラシの一番の特徴なのが、この形状なんです。歯茎の上をなぞるだけで極細毛が歯茎をマッサージして、血行を良くしてくれるから、歯茎の腫れも自然と治まってゆくのです。

ころころ歯ブラシで歯を磨いているのと同時に、歯茎もカンタンにマッサージが出来てしまうんです。ころころ歯ブラシを使って歯磨きが終わった後は、本当に歯茎がキュッと締まっているいるのが実感できます。

私が使い始めたときは、最初はコロコロするだけで本当に大丈夫なのかな?って感じだったのですが、洗い終わった後の歯茎の感じにちょっと感動しましたね(笑

1週間も使い続けていると、歯茎の色がだんだんとキレイなピンク色になってきて、歯茎の腫れもほとんど気にならなくなっていました。

ちなみに今でも、3日に1回はころころ歯ブラシを使って歯を磨いているのですが、ころころ歯ブラシを使い出してからは、歯茎の腫れに悩まされることはほとんどなくなりました。

ドラッグストアやコンビニで販売されているよくある歯ブラシに比べると、価格は少々高いのですが、その分歯茎の状態は本当に良くしてくれるので、歯茎の腫れに悩まされているという方は、一度このころころ歯ブラシを使ってみてください。

▼ずっと悩んでた歯茎の腫れを解決してくれます!
ボタン

歯茎の腫れが治まれば口臭も気にならなくなる!

口臭にも悩まなくなる!の画像

私の場合は歯茎が腫れてしまっているときは、ネバネバしていたり鈍い痛みがあったりと口の中に違和感がしていて、口臭も気になっていました。

なので、歯茎が腫れてしまっている時は会社でも人とできるだけ喋らないようにしていたりしてましたね(笑

私のように歯茎の腫れが気になっているだけじゃなくて、口臭も気になっている方もいらっしゃると思うのですが、ころころ歯ブラシを使い始めてからは見違えるぐらい歯茎の状態も良くなって、口の中のネバつきもかなり改善されました。

おススメなのは、ころころ歯ブラシを使うときに、この口臭予防の歯磨き粉を一緒に使ってみてください。歯茎の腫れも治まって歯茎の色も今よりずっとキレイにしてくれるので!

⇒歯茎の腫れに悩んでいた人がころころ歯ブラシを使った感想は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です