歯の黄ばみの原因はナニ?なんとかしたい!

歯の黄ばみが気になっての画像

歯が黄ばんでて、笑ったりするのが恥かしい…なんてことになっていませんか?

歯の黄ばみって歯磨きをちゃんとしていてもなかなか取れなくて、意識すればするほど気になってしまいますよね。それに歯が白くてキレイな人と比べると、黄ばんだ歯ってちょっと汚い感じがして、黄ばみがあるだけなのに「口臭がするかも」なんてイメージを持ってしまいますよね。

私も一時期歯の黄ばみが気になったことがあって、毎日ちゃんと歯磨きをしていたはずなのに会社の同僚や友達と比べると、自分の歯は輝いていなくて(笑)黄ばんでいる気がしたので、どうしよう・・・なんてことを思っていましたね。

古くは「芸能人は歯が命!」みたいなテレビCMも流行って、最近ではドラッグストアに行けば歯を白くしてくれる歯磨き粉もいろんな種類が販売されていますよね。

でも、口臭ケアが出来る歯磨き粉ってオーガニックな成分の物が多くて、口臭ケアと歯の黄ばみを1つの歯磨き粉でケアできるってなかなか難しいんです。だから私の場合は、普段は口臭ケアのためのオーガニックな歯磨き粉を使うようにして、たまに歯を白くしてくれる歯磨き粉を使うことにしています。

ただ歯のに黄ばみが気になる場合、根本的に解決するには歯ができるだけ黄ばまないようにしてあげるということがベストなのです。そこで今回は歯の黄ばみはどうして起こるの?という根本的なことについて書いてみますね。

歯の黄ばみの原因はナニ?

歯の黄ばみの原因のほとんどの画像

歯の色って生まれ持ったものもあるので人それぞれ違うのですが、黄ばんでいる歯よりも、やっぱりテレビに出ているような女優や歌手のように真っ白い歯の方が清潔感があってキレイですよね。

例えば歌手の人がテレビで歌っていて、顔がアップになった時に歯が黄ばんでいることに気付くと、私のようにひんまがった性格の人は(笑)歌よりも歯の黄ばみの方が気になってしまうのも事実です。ハイw

そもそも歯の黄ばみの原因って一体ナニなのかというと、歯の黄ばみには歯の内側と外側からくる2つの黄ばみの原因があるのです。黄ばみの原因の前に簡単に歯の構造のことを説明すると、

歯の中心部には神経である歯髄(しずい)があり、その周りに象牙質があり、最後に歯の表面でもあるエナメル質があり、3層構造で歯は成り立っているのです。歯の黄ばみの原因というのはは主に、神経を除く「象牙質」「エナメル質」が関係していることが多いのです。

象牙質による黄ばみの原因

歯の内側にある象牙質は、真っ白ではなく薄い黄色をしているのです。この象牙質の色にも個人差があるのですが、日本人の場合は肌の色と同じで白人の方と比べると遺伝的に象牙質はやや黄色っぽくなっているのです。

象牙質は、普段はエナメル質に覆われているために直接見えることはありませんが、歯磨きが強すぎたり歯ぎしりなどによって、エナメル質が磨耗してしまい薄くなってしまうことがあるのです。

このエナメル質が薄くなってしまうと中にある象牙質が見えてしまうため、象牙質本来の黄色っぽい色が歯の表面に透けてしまうことによって歯が黄ばんで見えることがあるのです。

また象牙質は歯の中心部にある神経が新陳代謝を繰り返すことによって、薄い黄色をしていた象牙質も、年齢とともにさらに黄ばんでしまうことがあるのです。つまり加齢とともに歯の内側からの黄ばみが強くなるということも考えられるのです。

エナメル質による黄ばみの原因

歯が黄ばんでみえる一番の原因となっているのが、歯の表面でもあるエナメル質に付着した汚れです。

色素の濃い食べ物や飲み物を日常的に食べ続けることで、黄ばみの原因となるステインや色素が歯のエナメル質に付着します。

たとえば、黒い服だと汚れはそれほど目立ちませんが、真っ白い服だと少しの汚れでも目立ってしまうのと同じことで、歯のエナメル質はもともと白っぽい色をしているため、色素が濃い食べ物やタバコのヤニなどが付着して残ったままになってしまうと、黄ばみが目立ってしまうのです。

歯の黄ばみの原因とされるほとんどが、この象牙質によるものとエナメル質によるもので、象牙質の場合は歯の内側が原因となって黄ばんで見えてしまい、エナメル質の場合は歯の外側が原因となって黄ばんで見えてしまうのです。

その他にも、歯の神経が死んでしまった時や、虫歯や薬などによる影響、病気を患ったことによる影響で、歯が黄ばんでみえたり黒ずんで見えてしまうこともあるのです。

歯が黄ばんでるとどういう印象をうける?

歯が黄ばんでいる印象の画像

冒頭にも書きましたが、例えば初めて会った人がふと笑ったときに歯が黄ばんでいたらどう感じますか?

人の第一印象ってほとんどの場合が顔でイメージが決まると言われており、笑顔の場合は口元をみて笑っている表情だと判断する方が多いのです。

友達とおしゃべりをする時や初めてお会いする人の場合でも、会話中に一度は口元に目がいってしまいますよね?

それだけ特に意識をしているワケでもないのに人は口元にも目線がいってしまい、もちろん話をしている相手からもこちらの口元を無意識に見られているのです。ある審美歯科の研究によると歯の黄ばみはプラス3歳も老けてみられることがあると統計的なデータで報告されているのです。

たしかに歯の黄ばみが目立ってしまうと、顔の肌までもがくすんでみえることってありますよね。特に女性の場合は身だしなみがしっかりしていたとしても、歯が黄色いだけで異性からの印象はマイナスポイントとなってしまうのです。

@DIMEが男女1000名に「異性の第一印象で重視するポイントは?」というアンケートを実施しました。

1位が口臭(67.0%)、2位が歯の黄ばみ・着色汚れ(51.2%)という結果が出ていて、半数近くの男女が、第一印象で重視するポイントで目と同じぐらい口元を見ているという結果が出ているのです。

せっかくキレイな人でも、ニコッと笑った時に歯が黄ばんでいると、多少なりとも残念な感じがしてしまいますよね。キレイな人の場合は粗探しばかりしてしまうということもあるのですが(笑。

やはり人から見られるイメージって大事で、第一印象で受けたイメージをしばらくの間は持ってしまうということはよくあることなのです。

なので「歯の黄ばみぐらいで」と軽く考えずに、歯の黄ばみは人からの印象も左右するということを頭に入れてケアをした方が良いのです。

歯が黄ばみやすい食べ物って?

黄ばみになりやすい食べ物の画像

先ほど歯の表面のエナメル質が外側からの影響によって黄ばむということを書きましたが、歯の表面(エナメル質)が黄ばむ原因の一つとしてまず考えられるのが食べ物なのです。

「じゃあ歯が黄ばむような食べ物を食べなければ黄ばむことはないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、好きな食べ物であったり日常的に口にするような物の場合、知らず知らずの内に食べているということもありますよね。それに、意外な食べ物でも歯が黄ばんでしまう原因になるケースもあるのです。

どういう食べ物で歯が黄ばみやすいのか、いくつか具体的にあげてみると…

カレーライス

カレーライスが苦手な人がいないほど、子供から大人まで日本人が好きな食べものの一つですよね。月に1回は気付いたら食べていた(笑)なんて方も多いのじゃないでしょうか。

カレーライスを服やじゅうたんなどに落としてしまった経験がある方ならわかると思うのですが、カレーライスってスグにシミになってしまい、またとれにくいのです。

カレーライスにはターメリックなどさまざまな香辛料が細かく砕かれてブレンドされており、それぞれの香辛料自体も持っている色素が強く、その色素が歯のエナメル質の傷などに入り込むことによって着色してしまい、積み重なることで歯の黄ばみとなってしまうのです。

ブドウを使った加工品

ブドウをつかった加工品といえば、まず思い浮かぶのは赤ワインや白ワインではないでしょうか。ワインが好きな女性も最近はすごく増えていて、日常的にワインを飲むという方もちらほら。

ワインはポリフェノールを豊富に含み、抗酸化作用などがあるため健康と美容にとってメリットがあると言われているのも事実です。

しかし、健康に良いと言われているポリフェノールは歯を着色してしまう物質の一つでもあるのです。「白ワインは透明に近いから大丈夫なのでは?」と考えてしまいますが、実は白ワインは酸性に近く、中性である歯の表面のエナメル質と相性が悪いため、白ワインでも歯の表面を変色させてしまう可能性はあるのです。

コーヒー

1日に1杯飲まないと気がすまない方も多く、最近ではカフェイン依存症などもニュースで取り上げられていたりする中毒性のあるコーヒー。

コーヒーの色といえば茶色やこげ色を連想しますよね。コーヒーのあの濃い色はクロロゲン酸という色素によって色が作られているのですが、このクロロゲン酸も歯を黄色くする色素の一つで、日常的にコーヒーを飲み続けることで歯に色をつけてしまうのです。

紅茶

コーヒーよりも紅茶の方が好きだという女性も多いですよね。紅茶はコーヒーよりも色が薄いので歯が黄ばんだりすることはないのでは?と思ってしまいますが、紅茶は抗菌作用などもあるタンニンがあの紅茶独特の味わいを作っているのです。

この紅茶に含まれているタンニンは、唾液に含まれるカルシウムなどと結びつくと、ステインに変わってしまう性質があります。歯の黄ばみの原因として有名なステインが沈着してしまうと黄ばみとなってしまうのです。

緑茶

緑茶の渋みは、ワインなどと同じポリフェノールの一種であるカテキンが作っているのです。カテキンも歯に色素をつける物質の一つで、健康に良いとされ日本の定番的な飲み物でもある緑茶も飲み続けることによって歯が変色してしまうことがあるのです。

酸性の飲み物

レモン水、コーラなどジュースなどの飲み物は酸性度が強いものが多く、中性である歯の表面のエナメル質のバランスを崩してしまい、歯が黄ばみやすくなります。

調味料

ケチャップ、ソース、醤油など、食材を美味しくしてくれる調味料にも歯の黄ばみの原因となる色素が入っているのです。

例えば、醤油の原料は大豆ですが、大豆にはポリフェノールの一種であるイソフラボンがたくさん含まれています。ポリフェノールはさきほど挙げたワインや緑茶などにも入っているのですが、大豆も同様で含まれているポリフェノールが少なからず歯を黄ばます原因になることがあるのです。

またソースやケチャップなどには、腐らないようにするために保存料が含まれるものも多く、保存料などの添加物は、歯のエナメル質に刺激をあたえてしまうこともあり、ダメージを受けた歯の表面は間接的に黄ばみやすくなります。

色素が含まれたお菓子

お菓子の見た目をキレイにするため、色素が含まれているものがあります。(特に海外のお菓子など)人工的な着色料は白い歯に色をつけてしまうため、アメなどでも歯が黄ばんでしまうことがかるのです。

緑黄色野菜

かぼちゃ、にんじん、ほうれん草など、ポリフェノールがたっぷり含まれる緑黄色野菜。健康のためにと毎日食べる方も多いのではないでしょうか。

緑黄色野菜は健康と美容にいいのですが、見た目の色からもわかるように、歯に色移りしてしまうことがあるのです。

 

いくつか歯に色がつきやすい食べ物を具体的に挙げてみたのですが、いかがでしたか?「コレも黄ばみの原因になるの?」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。私がちょっと最初に聞いた時に驚いたのが、緑茶でしたね。既に知っていたという方も多いと思いますが…(笑)

口臭が気になっていた最初の頃に、緑茶を飲めば口臭が抑えられるということを聞いて、それまで普段は水を飲むようにしていたのですが、一時期口臭予防のために緑茶ばかり飲むようにしていたことがありました。

それで今度は歯の黄ばみが気になりだして…ということになり、緑茶で歯が黄ばんでしまうことがあるということを知った時は思わずハッ!としましたねw

でも、これだけ食べ物で歯が黄ばんでしまうかもということを聞くと、「何を食べればいいの?」ってなってしまいますよね。あまりにも歯が黄ばんでしまうことを気にし過ぎてしまうと、食べる物が偏って体調が…なんてことになってしまったら元も子もないですよね。

なのであくまでも、参考程度に頭に入れておいて、歯が黄ばみやすい食べ物を食べた日はいつもよりちょっと歯をケアする時間を増やしてあげる程度に思っておけば大丈夫です。

ここまで、歯が黄ばむ原因や食べ物について書きましたが、では既に黄ばんでしまって気になっている歯はどうすれば黄ばみをキレイにすることが出来るのでしょうか?

次からは歯の黄ばみはどういう対策をすればいいのか?ということについて書いてみますね。

歯の黄ばみは歯磨き粉だけで白くなるの?

歯磨き粉だけで白くなる?の画像

どういった原因で歯が黄ばんでしまうの?ということがお分りいただけたかと思いますが、大事なのは歯の黄ばみはどうすれば印象の良い爽やかな白い歯にできるの?ということですよね。

黄ばんでしまった歯を綺麗にするためには、お金をかければ歯科クリニックなどに行けばキレイにしてくれるのですが、やはりそれなりにお金がかかってしまいますよね。

けれど、やっぱりできることならそれほどお金をかけずに黄ばんでしまった歯をキレイにしたい!というのがホンネですよね(笑)もちろん私もごくごく普通のOLなので、できるだけお金はかけたくない派でございますw

一旦、歯科クリニックに通ってお金をかけてホワイトニングをするという方法は置いといて、ここでは歯磨き粉だけで黄ばんだ歯をキレイにすることができるの?ということについて紹介してみたいと思います。お金をかけて歯科クリニックに通えるという方は読み飛ばしていただいても構いません…構いませんw

さて肝心の歯磨き粉なのですが、歯磨き粉には口臭予防を目的としたものであったり、フッ素を配合して虫歯が出来にくくしたりなど、用途によってさまざまな効果をあたえてくれる歯磨き粉が市販されています。

でも、歯磨き粉の種類は星の数ほどあっても、歯磨き粉本来の共通の目的というのは、「口内を洗浄する」という目的で作られているので、市販のよくある歯磨き粉の場合の機能の差というのは、それほど大して異なるものではないのです。

どういうことかというと、よくある市販の歯磨き粉の場合は「口内の洗浄をする」ということが目的なので、言ってしまえば口内の洗浄さえちゃんと出来れば、口臭予防にしてもムシ歯予防にしても結果としてそれほどの違いはないのです。

しかし「歯の黄ばみをキレイにしたい!」という場合は、歯に付着してしまった色素をキレイにする必要があるので、歯磨き粉に歯を白くホワイトニングしてくれる効果のあるものを使用しないと、歯の黄ばみをキレイにすることは出来ないのです。

歯の黄ばみを市販の歯磨き粉でキレイにするためには、ホワトニング効果のある歯磨き粉を使うというのは必須なのですが、ホワイトニング効果のある歯磨き粉には大きく分けると2種類あるのです。

歯を研磨するタイプ

ホワイトニング効果のある歯磨き粉でよくあるのが、黄ばんでしまった歯の汚れを研磨剤が削って白くてキレイな歯にするタイプのものです。

歯磨き粉に含まれている研磨剤が歯の表面(エナメル質)の黄ばんだ汚れなどを削り、白くするというものです。言ってみればヤスリで歯の表面の汚れを削るのをイメージすれば一番早いですね。

しかし、ヤスリで歯の表面を削るってよく考えてみると怖くないですか?歯に付着した黄ばんだ汚れだけを削り取れるのであればいいのですが、もしエナメル質が削られると、歯の2層目にある象牙質が見えてくるということになってしまうのです。

歯に付着した汚れを研磨剤が削り落としてくれるので、比較的短期間で黄ばんだ歯を白くすることができるというメリットがあるのですが、削れてしまった歯の表面のエナメル質はもとに戻すことはむずかしく、毎日のように歯の表面を研磨するということを考えると、さらに黄ばみやすくなってしまうというデメリットがあるのです。

歯を漂白するタイプ

もう一つのタイプのホワイトニング効果が期待できる歯磨き粉というのが、ハイドロキシアパタイトやシリカ、ポリリン酸ナトリウムなど、歯を白くする成分が含まれているタイプのものです。

こちらは先ほどの研磨剤タイプのものとは違い、歯の表面に付着した色素や汚れを吸着しながら取り除きます。歯の表面のエナメル質を傷つけないため、歯の表面はフラットな状態を保つことができます。

加齢や普段の歯磨きによって歯の表面に傷や溝が出来てしまうと、汚れも溜まりやすくなり色素が付着すると落とすことが難しくなるのですが、漂白タイプのものは有効成分が歯についたステインなどを浮かせて落とすので、メリットとしては研磨剤タイプのものよりも歯の表面を傷つけずに黄ばみを白くすることができるのです。

しかし、漂白をするタイプのものにもデメリットがあって、研磨剤タイプのものよりも効果を実感するまでにある程度時間がかかってしまうということと、長年沈着してしまった汚れまでは落としきれないということも考えられるのです。

 

ホワイトニング効果が期待できる歯磨き粉には、大きく分けると研磨剤タイプのものと漂白タイプ2種類があるのですが、それぞれにメリット・デメリットがあるのです。

一般的にはこの2つのタイプのものが主流なので、私も最初は研磨剤が含まれているタイプのものを使っていました。

ただ、最近では歯磨き粉とは分けて使えるホワイトニングジェルが販売されていて、いつも使っている歯磨き粉の後にホワイトニングジェルをして歯磨きをするだけで簡単に自宅で黄ばんだ歯のホワイトニングができるタイプのものが販売されているのです。

このホワイトニングジェルだと歯の表面のエナメル質を傷つけることもなく、漂白タイプで落とすことが出来なかった汚れも落とすことができるのです。

→歯の黄ばみを自宅で簡単にホワイトニング出来る、人気のホワイトニングジェルがこちら♪

 

このホワイトニングジェルを使い出してから、私の歯の黄ばみの悩みも随分軽くなって、人と話している時に口元に視線を感じても気にならなくなりましたね。

ホワイトニングジェルに関しては、↓こちらの記事に詳しく書いていますので参考にしてみてください。

自宅でホワイトニングおすすめはコレ!

2016.12.05

歯が黄ばまないようにするためにできること。

歯の黄ばみ予防にできる事の画像

歯の黄ばみの原因や対策方法について書きましたが、歯の黄ばみというのがどういうものなのかお分りいただけましたか?個人差による部分もあるのですが、歯の黄ばみは意識してケアをすれば黄ばまないようにすることが出来るのです。

歯の黄ばみなんて些細なことなのですが、そのちょっとした歯の黄ばみでも人から見た印象は変わってくるのです。

ただ、歯の黄ばみも口臭と同様に気にすれば気にするほど、人と話をするのが嫌になってしまったりということにもなりかねないので、適度に普段からケアをするということが大切です。

今回の記事では、歯の黄ばみの原因になる可能性のある食べ物などのことも書きましたが、正直なところ食べ物にまで黄ばみのために神経質になってしまうと、白いご飯ぐらいしか食べれるものがなくなってしまいます(笑)そういったこともあるので、歯の黄ばみはそれほどストイックにならずにケアをするということを心がけましょう。

ちなみに現状の私はというと、特に食べ物にはそれほど気にせずに食べてワインを飲んだりすることもよくありますね。せっかく友人とご飯に行ったりして楽しい時間なのに「歯の黄ばみが気になって…」なんてもったいないですもんねww

ただ、先ほど紹介をしたホワイトニングジェルを使って、黄ばみのケアをするというのは今でも続けています。ホワイトニングジェルを使い出してからは、歯の黄ばみにもそれほど悩まなくなりました。

なので今まさに歯の黄ばみにも悩まされているという方は、先ほどのホワイトニングジェルを一度使って見てください。思っているよりもあっさりと歯の黄ばみの悩みを安全に解決してくれるので。黄ばみを気にしている時間がもったいないですよ。

→歯の黄ばみに悩む女性に人気のホワイトニングジェルはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です