寝起きの口臭をどうにかしたい!

口臭が気になる時って、やっぱり一番気になるのは人と喋ったりする時ですよね。会社関係の人や友人などよく顔を合わせる人と喋る時の方が、これからも何回も会ったりするので余計に口臭が気になってしまいますよね。

寝起きの口臭これで解決!の画像

日常の生活の中で、特に口臭に気を使う時って人と喋る時だと思うのですが、人と喋っていないけど口臭が気になる時って、寝起きの時だと思います。

寝起きの口臭って、前日にニオイの強い食事を食べたり、お酒を飲んだりした時などはどうしても臭ってしまいますよね。

疲れてしまっていて、歯磨きをすることすら忘れてしまって寝てしまった時なんかは、もう翌日の朝の寝起きの口臭ってすごい気持ち悪かったりしますよね(笑

自分の家で一人の時は、自分の寝起きの口臭を感じたら歯磨きをすればイイので大丈夫ですけど、もし彼氏とお泊りすることになった時に、寝起きの口臭って絶対に予防したいですよね。

たまたま彼氏の方が早く起きていて、寝起きの口臭を「クサい・・・」なんて言われることを考えたらもう、私だったら一生のトラウマになってしまいます。間違いなく・・・ww

そんな事にならないためには、やっぱり寝起きの口臭はどうしても防ぎたいですよね。なので今回はどうすれば寝起きの口臭を臭わなくできるのか?ということを書いてみたいと思います。

そもそも寝起きの口臭というのが・・・

寝起きの口臭はあなただけじゃない。

解決できる!の画像

寝起きの口臭って、普段の口臭よりもどうしてもニオイが強いので、起きた時にはスグにわかりますよね。

でも、寝起きの口臭ってあなただけじゃないんです。ニオイの強い弱いはあるのですが、寝起きの口臭は誰でも臭ってしまうものなのでご安心ください。

寝る前に歯磨きをして口の中をキレイにしても、寝ている間は水分を摂ったりすることがないので、口の中が渇いて悪玉菌が繁殖しやすい状態になってしまっているのです。

これはほとんどの方が同じで、後で詳しく説明しますが、寝ている間に口の中に悪玉菌菌が増えてしまうことというのが寝起きの口臭の原因なのです。

その他にも前日の夜に食べた食事や、アルコールなどのニオイが寝起きの口臭の原因となっている場合もあります。

なので、寝起きの口臭がするのはあなたに限ったことではなくて、誰にでもあることなのです。

ただ、寝起きの口臭の原因を知ることで、ニオイを軽くすることはできるので、寝起きの口臭がどうしても気になってしまうという方は、これから書いている口臭の原因と対策方法を参考にしてみてください。

寝起きの口臭の原因ってそもそも何?

寝起きの口臭の原因の画像

寝起きの口臭を改善するためには、寝起きの口臭の原因が何なのか?というのを知ることが大切なのです。寝起きの口臭の主な原因というのが大きく分けるとこの二つです。

・寝ている間に口内に悪玉菌が増えてしまっている。

・前日の夜にニオイの強い食事を食べてしまった。

寝起きの口臭が発生してしまう原因というのが、ほとんどこの2つに分けられると思います。なので、寝起きの口臭を改善するためには、この2つの原因を改善する必要があるのです。

私も口臭を気に出した時に、日常生活の中で一番口臭がしているかも!?と思った瞬間っていうのがやっぱり寝起きの口臭なんです。それが嫌で嫌で、友人と旅行に行ったり泊まりに行ったりする事まで嫌になってしまったことがあるぐらいです。

でも、今は口臭の悩みも軽くなってきて、寝起きの口臭も以前ほどは気にならなくなってきました。なので、この寝起きの口臭の改善のために私が実際にしている方法を書いてみたいと思います。

寝ている間に口内に悪玉菌が増えてしまっている場合の対処法

悪玉菌を防ぐには?の画像

日常的な寝起きの口臭の原因のほとんどがコレなんです。寝ている間に口内に悪玉菌が増殖してしまって、それが寝起きの不快な口臭の原因となってしまっているんです。

寝ている間だけじゃなくて、起きている時も口内に悪玉菌が増えてしまうと口臭が発生してしまうのですが、寝ている間はどうしても口内に悪玉菌が繁殖しやすい状態になってしまっているのです。

なぜ寝ている間に悪玉菌が増えてしまうのか?というと・・・

寝ている間も起きている時と同様に、汗をかいたり喉が渇いたりしているのですが、眠っている間は水分を補給しませんよね?そのため口の中が寝ている間に乾燥してしまって、口内に悪玉菌が増えてしまいやすい状態になってしまっているのです。

口の中がちゃんと唾液が分泌されて正常な状態だと、善玉菌が悪玉菌を抑えてくれているので口臭が発生しないハズなのですが、水分を補給していない状態だと口内の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れてしまって、悪玉菌が増えてしまい朝起きた時に口臭が強く感じてしまうのです。

もう一つ、口内の善玉菌と悪玉菌のバランスを崩してしまう原因として、寝る前にする歯磨きにも原因があるのです。市販の歯磨き粉だと、洗浄成分が強すぎて本来なら悪玉菌を抑えてくれるはずの善玉菌までをも弱らせてしまうのです。

その善玉菌が弱った状態で寝てしまうと、さらに寝ている間に口内が乾燥してしまって悪玉菌が増えやすくなってしまい、口臭が発生してしまうという悪循環になってしまうのです。

これが、寝ている間に口内に悪玉菌が増えてしまって寝起きに口臭が発生してしまう原因なのです。

私が行っている対策方法はコレ!

寝ている間に悪玉菌を増やさないように私が実際に行っている対策方法というのが・・・

・寝る前に水分を十分に摂る。

めちゃめちゃ基本的な事なんですけど、これが結構効果アリなんです。寝る前にコップ一杯の水を飲んでから寝るだけで朝起きた時の口の状態が結構違うんです。

寝ている間は、意識していなくても結構汗をかいていることが多いので、寝ている間にどうしても水分が体内から抜けてしまうので、寝る前にその分の水分を補給しておくんです。

コップ一杯の水を飲んで寝るだけで、朝起きた時の口の中のネバつきを少し軽くしてくれます。

それと、寝る前は塩分が多いお菓子類を食べるのを控えるようにするのもおススメです。どうしても塩分が多いモノを食べてしまうと、それだけでも喉が渇いてしまうので、たとえ寝る前に水分を補給しても塩分に吸収されてしまうので、寝る前には塩分が高い菓子類を食べるのはガマンです。

寝る前に塩分の高い物を食べてしまうと、翌日のむくみの原因にもなってしまいますしね。

・善玉菌を弱らせない歯磨き粉を使う。

朝は忙しいので、夜に歯磨きをするときの方が時間をかけて丁寧に歯磨きをしているという方が多いと思うのですが、この夜に歯磨きをするときに善玉菌を弱らせてしまうと、寝ている間に悪玉菌が口内に増えてしまって、寝起きの口臭になってしまうのです。

なので、善玉菌までも弱らせてしまう人工的な洗浄成分が多く含まれている、よくある市販の歯磨き粉ではなくて、善玉菌をサポートしてくれる口臭予防に有効な歯磨き粉を使うのがおススメです。

そうすることで、寝ている間も口内の善玉菌がちゃんと悪玉菌を抑えていてくれるので、朝起きた時の口内にも悪玉菌が増えてしまうことがなく、寝起きの口臭も抑えることができるのです。

⇒善玉菌をサポートして寝起きの口臭を改善してくれる歯磨き粉がコチラ。

この2つのことが寝起きの口臭を抑えるために私がしていることです。

寝る前にコップ一杯の水を飲むのと、歯磨き粉を善玉菌をサポートしてくれる歯磨き粉に変えるという2つの事なんですが、こんな簡単なことだけでも寝起きの口臭って結構改善できるんです。

私が実感したのは、1週間ほど続けた時に、朝起きた時の口の中がネバつきのような気持ち悪さが無くなって、寝起きの口臭も以前に比べたらかなり臭わなくなっているのがわかりました。

なので、寝起きの口臭をどうにかしたい!と思われている方は、ぜひこの方法を試してみてください。きっと友人や彼氏と同じ部屋で寝ていても、寝起きの口臭がしてしまう不安というのが軽くなるハズなので。

前日の夜にニオイの強い食事を食べてしまった場合の対処法

食事のニオイどうにかしたい!の画像

寝起きの口臭のもう一つの原因となってしまっている、前日の夜に食べてしまったニオイの強い食事。

普段なら、出来るだけ夜はニオイの強い食事を食べないように気をつければイイのですが、どうしても断れない飲み会があったり、旅行に来て気分が浮かれてしまった時とかは、ニオイが翌日まで残ってしまうと分かっていても食べたくなってしまう時がありますよね。

私も以前は、翌日の口臭が気になって仕方なかったので、できるだけ翌日に仕事がある時や友人などと会うと分かっている時は、ニオイの強い食事は避けたり飲み会を断ったりしていました。

でも、最近は前日の食事のニオイをある程度抑えることができるようになったので、少しぐらいのニオイのある食事なら食べても翌日の寝起きの口臭は気にならなくなりました。

今までは、お酒を飲んだ時やニオイの強い食事をした後は、ブレスケアを使って食事のニオイがしないように気を使っていたのですが、ブレスケアだとニオイを抑えてくれる効果の時間が短くて、寝起きの口臭にはほとんど効果がありませんでした。

その他にも、ブレスケアと同じようなドラッグストアやコンビニで販売されている、口臭対策のタブレットのようなものをいくつか試してみたのですが、どれも効果の時間が短くて同じような感じでした。

それでも、なんとか前日の食事のニオイをどうにかできないかと考えていた時に見つかったのが、口臭サプリなんです。

実際に使ってみて分かったのですが、口臭サプリだと食事のニオイをごまかすのではなくて、ニオイの成分自体を臭わないように変えてくれるので、夜にニオイの強い食事を食べた後に口臭サプリを飲むと、翌朝の寝起きの口臭も臭いにくくしてくれるのです。

⇒寝起きの口臭を抑えてくれる効果アリ!な口臭サプリランキング

寝起きの口臭は改善することができる!

寝起きの口臭に悩まない!の画像

一日の始まりの寝起きに口臭が気になってしまうと、もうその日は口臭のことばっかりが気になってしまいますよね。最初の方にも書きましたが、自分ひとりならばまだしも、彼氏や友達と旅行に行くとなって、「寝起きの口臭が酷かったらどうしよう・・・」なんて考えてしまいますよね。

私も歯磨き粉を変えたり、口臭サプリを使い始めるまでは、本当に寝起きの口臭ってどうしたらいいんだろうって悩んでいました。

でも、ちゃんと寝起きの口臭の原因を理解して、その原因にあった対策をすれば、寝起きの口臭も抑えてあげることができるんです。

なので、先ほど書いた善玉菌をサポートしてくれる口臭予防の歯磨き粉と、食事のニオイを抑えてくれる口臭サプリを一度試してみてください。

悩んでいるだけで、寝起きの口臭が気になってお泊りもできない・・・なんてもったいないですよ!きっと寝起きの口臭の悩みは軽くなるハズなので!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です