口臭の原因は朝食を食べないから?

私は今、会社勤めで営業の仕事をしているのですが、とにかく朝が苦手で毎日ギリギリまで寝ては、バタバタと化粧をして服を着替えて、朝食は抜きで出社するというパターンがいつものお決まりです。朝食を食べる時間があるなら寝ていたい…それぐらい睡眠を重要視してます!ただの寝たがりなだけなんですけどね(笑

けど、これは以前までの話で、最近は口臭対策のために朝ちょっとだけ早く起きて朝食を食べるように、習慣を変えたのです。っていうのも、口臭の原因と朝食にはちょっと関係があるのです。

朝食は口臭にも大切の画像

朝食と口臭の関係、朝から仕事をしている人はだいたいそうだと思うのですが、朝食を食べなかった場合、次のご飯は12時を過ぎてからの昼食になると思うのですが、その朝からお昼ご飯までの空腹の時間帯が口臭の要注意時間なのです。

なぜ朝食を食べないことが、なぜ口臭につながるかというのが・・・

朝食と口臭は関係がある!?

朝起きると、ほとんどの方は喉が渇いた状態になっていると思うのですが、それは寝ている時にも知らず知らずの内に汗をかいて、体内の水分が汗となって出てしまっているという理由もあるのですが、もうひとつ理由があり、寝ている時には途中で水分を摂ったりしないので、唾液の分泌が少なくなってしまっているのです。

この2つの理由から朝起きた時には喉や口の中が乾いた状態になってしまっているのです。口の中が渇いたままの状態だと、雑菌が口内で繁殖してしまい、それが原因となって寝起きの口臭が強くなってしまうのです。

朝食を食べて噛むと唾液が分泌されるのですが、朝起きて朝食を食べずに会社や学校などに行った場合は、昼食まで唾液の分泌が低下した状態のままなので、口内が渇いたままの状態になるので、午前中~昼食を食べるまでの間の時間は口臭が強くなってしまうのです。

口臭対策におススメな朝食は?

口臭対策におススメの朝食は?のメイン画像

独り暮らしをしている女性の方や、朝バタバタしてしまう方などはスープやジュースやゼリーなどを朝食代わりにしている方もいらっしゃると思うのですが、コレだと口臭対策としてはあまり良くないのです。というのも、液体状の物やスッと喉まで流れてしまう物だと、噛まなくても良いので唾液の分泌が十分にされないのです。もう一つの理由が、液体状のものやあまり噛まなくて良い朝食だと、食べ物と舌との摩擦がないので、舌苔が落ちずに古い舌苔が溜まったままになってしまうのです。この2つの理由が口臭の原因となってしまっている場合も多いのです。

なので、口臭対策としてもおススメな朝食は、パンやおにぎりなどの固形の物なのです。私が個人的におススメなのは、トーストですね!おススメな理由というのは、必然的に噛む必要性があるのと、舌との摩擦が大きいので、自然と舌苔も適度に落としてくれるからなのです。

ただ、私も朝は許される限り寝ていたいのでww最初は朝起きてから食パンを焼いていたのですが、最近は前日の夜に焼いておいて、サランラップで包んで保存しておいて翌朝に食べるようにしています。「それぐらい朝起きろよッ!」っていうのはナシで(笑

朝食ぐらいで口臭が変わるの?と思われるかもしれませんが、朝食を食べない派の方や、スープやジュースなどで済ましてたという方は、一度噛む必要がある朝食メニューに変えてみてください。きっと実感していただけると思いますよ♪

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です